HAZE~ここから

2017 11 24


もう慣れたね…

期待もせず 落胆もせずに
淡々と受け止めることに

向き合うことなどできず
かわすことすらできず

ただただ 埃まみれのサンドバッグみたいに叩かれて



何がしたいの
何が欲しいの

わかりたくもないけれど
わからないのもいやだし

理不尽な言い訳を並べては繰り返し
言葉を言い替えれば嘘だと言う

もうそろそろ お引き取り願えませんか






漆黒の暗闇を彷徨い
長いトンネルを抜けて


立ち止まったそこは 深い靄の中



大丈夫 心配いらない
この手にある羅針盤が指している


希望という名の未来
取り戻した明日

生きている現在
過去は…今ある自分のためのできごと




さあ 耳を傾けて
僕の歌声に


一緒に歩こう
僕の歌を歌いながら



ここから







2017-11-24(Fri)
 

おめでとう、リダ

o1200080013934470374.jpg



おめでとう



おめでとう
口にするのをためらったこともあったよね

おめでとう
もう笑顔で言ってもいいよね

おめでとう
そう言えるあなたになれてよかった

おめでとう
そう言える私でいられてよかった





おめでとう
変わらぬ想いを届けられることに

おめでとう
あなたがこの世界に存在することに

おめでとう
大切な人と出逢えたことに

おめでとう
手を繋ぐ喜びを知ったことに





おめでとう
誰もあなたの代わりにはなれないから

おめでとう
新しい歩みを始めるあなたに

おめでとう
この日を迎えられた幸せに

おめでとう
あなたの素晴らしい未来に






たくさんの幸せを運ぶあなたへ
ありったけの幸せを願って




何度でも 何度でも 繰り返し言うよ






きょう あなたに心をこめて伝えたい言葉

생일 축하해






2017.6.6. 宇宙神がこの地球に降臨して32回目の祝福すべき日に










2017-06-06(Tue)
 

同じ空の下

2017 5 18



같은 하늘 보면서
멋진 미래 함께 꿈꿔나가보자구


同じ空を見ながら
素敵な未来を 一緒に夢見ていこう




リダのボイス 素敵でした
少しかすれた声と 
リダらしい口調が
何度も 何度も聞き返して


この空の続きに リダの空がある…
入隊中 そんなことばかり考えてました


朝陽が眩しくて目覚めた朝は
青空を眺めて いいことがありそうな予感がしたし

怪しく暗くなった空を見上げては
雨が降りませんようにと リダを想い出したし

今夜は月がきれいに見えるよ
洗濯物を干しながら 必ず見上げる夜空に語りかけたし


同じ空の下
あなたは何をしているのかな
私たちに会う準備?


一緒に夢見ていいんですね
一緒に…
一緒に…ずっと


夢見ることをあきらめない
自分のことをあきらめない

そんなあなたで よかった
そんな自分で よかった

素敵な未来に手が届くかな
いつまでも追いかけられるかな

あなたがいれば大丈夫
一緒にいれば きっと大丈夫



同じ空の下
もうすぐ 同じ日本の空の下…









2017-05-18(Thu)
 

Wind song~風の歌を受け取りました

2017 5 6



時はいつも 誰にでも同じに流れているはずなのに
あの日 あの時 一緒にすごした空気が
まだ 私の中に残っています

置いていかれそうな私だけど
それでもかまわない
まだ あの日の想い出に包まれていたいから


少しぎこちなく爪弾くギター
震える弦に 心揺さぶられて

まるで不器用な あなたの言葉のように
ゆっくりとカラダに 沁みてゆくようで
じんわりと暖かくなるのがわかるんです


元気になってよかった
でも忘れない あなたが絶望を抱えていたことを

やっと逢えたね
このまま逢えなくなりそうで かなり心配したけれど


長かった冬が終わりを告げ
ようやくあなたの春が訪れてくれたようです

穏やかなその佇まいに
安堵の微笑みが浮かびます

変わらないその姿に
時を超え あの頃に戻ったような気がします


今だけ泣いてもいいですか?
だって涙がとまらない

あなたの笑顔が
滲んで歪んでしまったけれど


もう 大丈夫
きっと 大丈夫

これからも ずっと
いつまでも ともに


ゆっくり幸せになろうね






credit:masa06hj







2017-05-06(Sat)
 

風が凪ぐとき

White hole#52


ようやく風がおさまって
あんなに荒れていた水面も 光をたたえ揺れている


あの嵐は嘘だったんだよ そんなことが言えそうなくらい
静かに休息する 傷ついた心


たゆたう想いを両手ですくい
広い海へ解き放てば

やさしさに満たされるようで
ひとりではないことに気がつく


雲の切れ間から降りそそぐ 天使の梯子
もう一度顔をあげて 光の中に佇んで

それがあなたにふさわしい風景だから
そこへ戻るべき あなただから



穏やかな微笑みを浮かべる あなたがそこにいて
やわらかなまなざしで こちらを見やって


もうすぐ帰るから
そこで待っていて






風が凪ぐとき
あなたの新しい日々が始まる








2017-01-28(Sat)
 
プロフィール

knob

Author:knob
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR