あっしさんへの手紙 十五通目

o0598040312790956440a.jpg

あっしさん、おかわりありませんか?
そちらの最低気温は氷点下の冷え込みなのですね。
どうぞ温かくしておすごしになってくださいね。
あとふた月そちらにいらっしゃらなければならないのですから、弟さんたちにあれもこれも差し上げるのは最後の最後にしてくださいませね。そうでないとご自分が寒い思いをなさいますよ。

こちらも寒さが厳しくなって参りました。
でも昼間は抜けるような青空が見え、夜は星の瞬きがことのほかよく見える、そんな澄んだ冷たい空気の中で過ごすのは清々しいものです。
師走とはよく言ったものですね。
何だか落ち着かない毎日で、気持ちばかり急いているようです。
だってあとふた月であっしさんに逢えるのですもの。

果てしなく長く感じられた毎日が、いつの間にかここまで来たんですね。
あっしさんは大切なお仕事なのだから、と自分に言い聞かせても心配で、寂しくて。
そんな日々がようやく終わりを告げるのですね。
そろそろお迎えに行く支度もしなければいけませんね。


今、我が家はクリスマスの支度の真っ最中です。
運転手の佐藤さんが見栄えのする庭の木を切ってくれると言ったのですが、クリスマスだけのために倒してしまうのは可哀想だと思ったんです。
ですからお父様に相談して庭に植わったまま飾り付けをすることにしました。
小さいときから飾り付けに使っていた星や天使たち。
お父様がお仕事でいらした独逸のクリスマスマーケットで買ってきてくださったキラキラしたオーナメント。
ばあやはクッキーを焼いて糸を通してくれました。

背の高いあっしさんがいらしたら、脚立を使わなくてもツリーのてっぺんに星をつけられるのに…
そんなことを考えながらみんなで飾り付けをしました。
雨が降ったら濡れないように透明のビニールを被せることにしました。
母屋から長い長い電気の線を引っ張って、佐藤さんが電飾をつけてくれました。
ぴかぴか点滅して綺麗ねと、いちばん喜んだのはお母様です。
やっぱり…でしょう?
それを見てお父様はにこにこ笑っていらっしゃいました。

陽が傾き掛けた頃、庭に目をやるとお年を召したお二人連れが、垣根越しにクリスマスツリーを眺めていらっしゃいました。
お散歩をしていたら点滅する光が見えて、吸い寄せられるように来てしまわれたとか。
洋食屋さんかと思いました、と笑っていらっしゃいました。
また、こちらへ散歩に来て見せていただきますね、とおっしゃってうれしそうに帰られました。
いつもは家族だけで楽しんでいたクリスマスツリーを他の方が楽しんでくださってうれしかったです。
次のクリスマスはあっしさんもご一緒に過せますね。


あっしさんは私のサンタクロース。
いつも幸せをプレゼントしてくださるから。
私にとっては毎日がクリスマス。
心に温かな明かりが灯るようです。
あっしさんがいらっしゃれば、それだけでいいんです。

心配することもなくなりますね。
もう、どこへも行かなくていいのですものね。
今はただ、あっしさんが何事もなく無事に元気で帰ってきてくださればそれだけでいい、と思っています。
その穏やかな笑顔を見せてくださればそれでいい、と思っています。

逢いたいです、とても。
もうすぐ、逢えますね。

その日までごきげんよう。




2016-12-11(Sun)
 

会長ぉ、お月さんになる

o0600075813428270281.jpg

このあっしさんのおつむのカタチの美しいことと言ったら!
まるで満月のようにキレイな円を描いています。
この非の打ちどころのない笑顔は徳を積んだ僧侶のようでもあります。
ナムナム…

十四通目のあっしさんへのお手紙を会長ぉが届けてくださいました。
まずは会長ぉのコメントより。

*     *     *     *     *

温かいおもてなしをいただいて ありがとうございました。^^

駆け落ちシリーズをご家族で面白がってくださって とても嬉しかったです。
お父様の粋なお誘いを見て 会長ぉもキュンキュンでした。^^

お月さんを見上げながら想い出話も懐かしかったです。
お嬢さんを見つめる あっしさん瞳…言葉にしなくてもわかるだろ ? って。。キャー

多くの事を経験し乗り越えて
過去のあれこれ 話したいと思った時に話せる 聞いてあげられる
そんな関係って素敵だなって思います。^^

会長ぉ お嬢さんにお裾分けいただいたお団子と一緒に
これからお手紙をお届けしてきます ! (-"-)ゞキリッ

*     *     *     *     *


いつも使命感に燃えた会長ぉは数々の困難をものともせず、お手紙を届けてくださいます。
今回もかなり期待していました。
いったいどんな秘策があるのか、あっしさんへ無事にお手紙を届けることができるのかどうか…

なななんと、会長ぉはお月さんに姿を変えたのでした。
そしてあわや はるばる日本から運んだお団子を失う危機に遭遇することになろうとは…
あっしさんのアクションシーンもお楽しみいただけます♪

つーさんも高く評価してらっしゃいましたが、
「キラーン」
「コポコポ」
「ドドドド ガッシャーン ! 」
「キュルキュル」
「キリッ」
会長ぉのオノマトペ(擬音語・擬声語・擬態語のこと)が素晴らしい。
ぜひ飛んで行ってにまにましてくださいね。

あっしなリダ同好会 * 十四通目のお手紙をお届けしました


会長ぉ、ありがとうございました。
どうぞお疲れがでませんように。



2016-09-19(Mon)
 

あっしさんへの手紙 十四通目

o0520077012829788169a.jpg

あっしさん、お元気でおすごしですか?
そちらもだいぶ秋らしくなってきましたか?

今夜は月が綺麗です。
あっしさんも夜空を見上げていらっしゃるといいのに。
この空があっしさんのいらっしゃる処まで続いていると思うと、瞬く星たちにもひとつひとつ挨拶をしたくなります。
あっしさんのことを照らしてくださいね。
あっしさんのことを見守ってくださいね。
あっしさんのそばを離れないでくださいね、って。


昼間はお月見のお団子を作ったんです。
ばあやが準備をしてくれたから、私は丸めるだけ。
お喋りしながらくるくる手を動かして、子どもの頃のおままごとをしているみたいに。
ちょうど会長ぉが立ち寄られたので、お茶にお誘いしました。

会長ぉは今、駆け落ちに嵌まっていらっしゃるのですって。
きっとそんな小説でもお読みになったのでしょうね。
お話がとても面白くて、あっしさんにも聞かせて差し上げたかったです。

お父様とお母様もいらしたから会長ぉとご一緒に、って私の作ったお団子を振る舞ったんです。
十五個残してあとは食べてしまいましょう、ってばあやも言うし。
お母様はすっかり駆け落ちに心奪われたみたいで、うっとり会長ぉのお話に聞き惚れていらっしゃったの。
お嬢様育ちで、お父様と幸せに暮らしていらっしゃるお母様には想像のできない世界ですものね。
そんなお母様を見たお父様は「一緒に駆け落ちしよう」ってお母様の手を取って、お散歩へお出かけになったんです。
私はこんな機知に富んだ発言をなさるお父様が大好きです。

そんなお母様を見て、私はまさしくお母様の娘なんだわ、って思いました。
だって、わたしも駆け落ちに憧れたことがありますから。
あっしさんにはお話していませんでしたけど、あっしさんにお目にかかってからそんなお話を頭の中で創っては、物語の主人公になっていたんです、おかしいでしょう?
あっしさんが駆け落ちしよう、って迎えに来てくださったらどうしようか、とか、鞄には何を詰めていこうかしら、とか、想像は果てしなく頭の中をぐるぐるしていました。

一度あっしさんに聞いたことがあったでしょう?憶えていらっしゃるかしら。
あっしさんは駆け落ちしようと思ったことはあるの?って。
あっしさんは驚いたお顔をなさったけど、その表情がとても素敵で忘れられません。
大きな目を見開いて、私のことをご覧になったから。
私が駆け落ちなんていう言葉を口にしたから、不意打ちを食らった気分だったのでしょう?

でもその次は私が驚く場面でしたね。
あっしさんはこれまで駆け落ちをしようと思ったことはないけれど、駆け落ちしようと誘われたことがある、っておっしゃいました。
私、びっくりしてなんて言葉を返していいかわからなかったんです。
それから怖くなって、どんな女性に誘われたの?って聞くことができなかったんです。
あっしさんは昔話ですよ、って笑ってらしたけど、あっしさんの中には私の知らないあっしさんがいらっしゃるんだな、ってあらためて思いました。

今ならどんな女性だったの?って聞けるかもしれません。
きっと笑いながら聞けると思います。
あっしさんは話してくださるかしら?

あっしさんと駆け落ちするのには障害物が必要なのに、残念ながら今の私には心当たりがありません。
きっとみんなあっしさんのことが大好きになるだろうから。
お父様とお母様も許してくださるはずだから。
ばあやは大賛成だし、会長ぉも喜んでくださるはず。
だから一緒に駆け落ちしよう、って手をつないで温かいあっしさんの手のぬくもりを感じながらどこまでも歩いて行きたいです。
きっと楽しくて幸せな駆け落ちになりますね。


あっしさんがお戻りになったら、駆け落ちしようって迎えに来てくださいね。
あっしさんはきっと背筋を伸ばして、強い意志を込めたまなざしで前を向いて、大きな歩幅で我が家へ向かって歩いて来てくださいますね。
そして正面玄関から堂々といらっしゃるの。
周りが見惚れるような端正な姿を魅せてくださるの。


もう少しでお目にかかれますね。
健康に気をつけてここで待っています。
あっしさんも、くれぐれもお身体おいといくださいね。

ごきげんよう。




2016-09-16(Fri)
 

会長ぉ、あっしさんへ十三通目のお便りを届ける

2016 8 27

1週間お疲れさまでした。
雨に降られたり、太陽に焼かれたり忙しい毎日。
仕事は好きだし、やり甲斐もあるけれど、少し余裕がほしいと思うこの頃。
定時帰宅死守しているから贅沢といえば贅沢なんですけど。


あっしなリダ同好会のカテゴリの記事はご存じの通り楽屋オチ的な内容なのですが、あっしさん大好きな私だから、楽しんで書いています。
お付き合いいただきありがとうございます。
会長ぉブログとつながれたのも嬉しいし♫

昨夜お邪魔したのが、お肌のゴールデンタイムをとうに過ぎた頃だったのでコメントも残さず。
更新されてる!と喜んで開いてみて、口元が緩んでにまにま。
あっしさんのうるうるの画像を見て、うるうる。
幸せな気持ちになって…爆睡。


あのぉ…唐突に登場する”サンタのひげ”がリアルで笑えます。
そうですよね、あっしさんバニラアイスは苦手なんですもん。
会長ぉ、、独り占めしようと思ってわざとバニラにしたんでしょ?
え?サンタのひげは白だけなの?


会長ぉの手にかかると、あっしさんが生き生きとして見えてくるんですね。
一緒に妄想劇場を楽しんでいる気分。
そしてそこに登場する会長ぉの姿も想像して笑えるんです。

頭の中に画が浮かぶ会長ぉの創り出す世界。
あの独特な行間に、たくさんの想いが込められているのでしょうね。
…あの行間は真似できないです。

何も活動がないのに、同好会に名を連ねてくださった皆様に感激。
にまにまと私の大好きにお付き合いくださる皆様に感謝。

あっしさん、任務を全うするまでどうぞお励みくださいね。

会長ぉ、いつもお手紙を届けてくださってありがとうございます。


あっしなリダ同好会 * 十三通目のお手紙をお届けしました





2016-08-27(Sat)
 

あっしさんへの手紙 十三通目

Image-1.png


あっしさん、お変わりありませんか?
暑い中、毎日お仕事に励んでいらっしゃるのでしょうね。

こちらは長かった梅雨がようやく明けて、太陽が顔を出し始めました。
いよいよ暑い夏がやってきます。
週末には花火大会があるんですよ。
あっしさん、憶えていらっしゃいますか?
憶えていてくださってますよね?
だって、あの日があっしさんとふたたび逢えた日だったんですもの。


あの時はばあやに教わって初めて縫った浴衣を着て行ったんです。
落ち着いた色合いがいいです、ってあっしさんが褒めてくださった藍色のクレマチスの柄の浴衣。

ちょうど家に呉服屋の千歳屋さんがいらしていて、お母様とお茶会用の反物を選んでたんです。
畳の上に放射状に転がった反物を眺めていたら、お母様があなたも何か選んだら?っておっしゃったんです。
私は着物を着る機会がないからいいわ、って言ったら、ばあやが「お嬢様ご一緒に浴衣を縫いませんか」って。
ばあやはお針仕事も得意なんです。
お母さまの着物も全部ばあやが仕立てたものなんです。
ばあやはお母様の実家から一緒にこの家に来たのだとか。

お母様の兄弟は歳の離れたお姉様と三人のお兄様、そして末っ子のお母様の五人。
お姉様がお嫁にいらした後は、お兄様と一緒に遊んでいらしたから、それはもうお転婆だったのですって。
自転車に乗ったり、木登りをしたり、おままごとやお人形遊びとは縁がなかったそうです。
ですから、そんなお母様と一緒になられたお父様は私にも寛容なお気持ちで接してくださるのだと思います。

お父様はお母様の長兄の伯父様と学生の頃からの親友でいらしたのだそうです。
だから、よく家に遊びに来ていたし、お母様のことも知っていたんです。
その伯父様が若くして急に亡くなられて一周忌が過ぎた頃、お父様が家を訪ねてお祖父様に「お母様と結婚させてください」っておっしゃったのですって。素敵なお話でしょう?
お転婆娘で嫁の貰い手が無いと心配していらしたお祖父様は、亡くなった伯父様の親友ということもあってお父様の処へお嫁に出されることにしたんだそうです。
でもその時お母様は十八歳と若かったから、お祖父様が心配して ばあやも一緒にお嫁入りしたのですって。

だからばあやは家族のような存在なんです。
お母様にとってはもう一人のお祖母様のようでもあるし、私にとってはもう一人の母親のようでもあるんです。
お母様は「ばあやは最期までこの家の人」っておっしゃってます。

話が逸れてしまいましたね。
千歳屋さんの話に戻りますね。
私が藍色のクレマチス柄の反物を選んだら、お母様はもっと娘らしい可愛い色柄の反物にしたら?っておっしゃったんです。
いつまでも子どものようなお母様だから、綺麗な色目の着物がお好きなんです。
お父様はその姿を、目を細めて見ていらっしゃるだけなの。
私が選んだ反物を見て、ばあやがこう言ってくれたんです。
「お嬢様、いい柄の反物をお選びになりましたね。それは鉄線ともいう花でございましょう?
何で鉄線と言うかご存じですか?
蔓がとても強くて、細いながらも針金のように強いからなのだそうですよ。
一見たおやかに見えるけれど芯の強いお嬢様にはぴったりですね」って。
さすがにばあやはよくわかっているわ、って思いました。

それでばあやに教わって初めて縫った浴衣を着て花火見物へ行ったんです。
あの日はすごく人出が多くて、ばあやと一緒に歩いて行くのも大変でした。
いつもならこの辺りで見物しましょうよ、って言いそうな私だったのに、あの夜はどうしても行かなきゃいけない気がして。
何だか特別な夜になるような予感がしていたのかもしれません。
もしはぐれてしまったら、駄菓子屋さんで落ち合いましょう、って約束をしていました。
ばあやは花火より久しぶりに戻った駄菓子屋のおばあさんとのお喋りと冷たいラムネがお目当てだったのかも。
人の波に流されて案の定、ばあやとはぐれてしまいました。

いつもより近くに見える花火はそれは綺麗でした。
光が尾を引いてしゅるしゅると夜空へ駆け上がったと思ったら、きらきらと小さな光の粒がはじけて少し間を置いて「どん!」って、お腹に響くような音がするんです。
それが面白くてずっと空を見上げて、咲いては消える夜空の花を眺めていました。
ぼんやり立っていたものですから、人波に押されてよろけてしまって、危うく転びそうになってしまいました。
そんな私を抱きかかえてくれたのが、あっしさんでした。

驚きました。
あの雨宿りの日に逢った人が、花火見物でよろけた私をまた、助けてくださったんですもの。
困った時に来てくれる人、きっとご縁がある人なのだろうなと漠然と思いました。
あっしさんは何事もなかったように隣で花火が上がるのを眺めていました。
暗い中で花火がはじけるほんの僅かな時間だけ、あっしさんの端正な横顔を見ることができました。
私は花火を見るふりをして、ずっとあっしさんの横顔を見つめていました。
あっしさん、あの時は私が見ているのに知らん顔していたのですね。
ご存じだったのでしょう?
照れてらしたのかしら?

花火が終わって見物人が家路を急ぐ頃、あっしさんは私の手を取ってゆっくりと歩き始めました。
駄菓子屋で ばあやが待っていることを伝えたら、小さく頷いてくださいました。
そこで初めてあっしさんの名前を知りました。
それからしばらく途切れ途切れに言葉を交わして。
あっしさんは花火っていい思い出がなかったのだそうです。
以前、とても悔しい思いをなさったから花火を見るとその事を思い出しますとおっしゃっていました。
でも、今夜の花火はいい思い出になりました、と。

やっぱり私の予感は当たっていました。
どうしても行かなきゃいけなかったのはこのためだとわかりました。
そして、この運命は信じてもいいのかしらと思ったんです。


今夜も遠くで花火の打ち上げの音が響いています。
その音を聞くとあっしさんとふたたび出逢った夜のことを思い出します。
着慣れない浴衣と花下駄で足捌きの良くない私を気遣って、ゆっくり歩いてくださったあっしさん。
何もおっしゃらなくても、その心遣いは伝わりました。
押しつけがましくなく手を取って、さりげなく視線を落としてくださって。
その手のぬくもりと握ってくださった力の加減が今でも掌に甦るようです。

あっしさんがお戻りになったら、ばあやに男仕立てを教わって浴衣を縫いましょうね。
きっと浴衣がお似合いでしょうから。
そして花火見物に行きましょうね。
ふたたび逢えた夜みたいに手をつないで歩きましょうね。


そんな日が早く来ることを願っています。
それまでここでお帰りを待っています。

ごきげんよう。


textusen1.jpg




2016-07-28(Thu)
 
プロフィール

knob 노부

Author:knob 노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

「おかえりなさい リダ」の日
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR