ボリビアの夜に

20180218#2
credit:@illublue


日曜日の朝はいつになく早起きしました。
ボリビアからのライブストリーミングがあるって聞いたから。

途切れながらもTwitterで配信先をハシゴしつつ2時間楽しむことができました。
すごいよね、ボリビアからライブだなんて。
ありがとうございました。
会場の熱い雰囲気が伝わって来て、うれしかったです。


私が中南米へ行ったときはあまり感じなかったけれど(鈍いせいかも…)高地の気圧の低さは、歌ったりダンスしたりすると身体が敏感に感じるのでしょうね。
高地に慣れるまでは強いお酒も飲まない方がいい、って聞きましたから。


20180218#3 - コピー
credit:@illublue


ステージには ほぼソウルと同じHAZEのリダがいました。
ヘアスタイルも衣装も、
セットリストもソウルと同じ。
違っていたのはソウルではアンコールが3曲。
最後にMOONLIGHTがあったことだけ。

ボリビアでは、僕は君のもの(나는 네 남자야)で可愛いヨジャが登場しましたけどね。

KIM HYUN JOONG 2018 WORLD TOUR in SEOUL レポ


日本へもこのまま持ってくるのかしら。
きっと会場ごとに日本リリースの曲を入れてくるのかも。
少なくても昼と夜はどこか変えてきそうです。

リダがゴキゲンで、すごく楽しそうでよかったです。
ボリビアのファンが韓国語で歌って盛り上げていたし。
リダの歌はファンの共通言語ですね。
HEATも歌ってくれているのかも。


公演の素敵なシーンをお借りしてきました。
とてもきれいな動画です。


credit:illu blue


  20180218#4

そして、ボリビアの夜空に花火が上がりました。
日本のファンにとっては胸がチクチクするエピソードだけど。
でも、よかったね、
地球の裏側で花火が上がって^^



リダ、お疲れさまでした。
次はチリの空の下♪





2018-02-19(Mon)
 

リダ 転役 一周年に寄せて

2017021100571_1.jpg

2017年2月11日 リダが第30師団必勝部隊を後にしてから1年が経ちました。


こんなに凜々しく素敵な姿がこの日1日だけの限定だなんて、とても残念に思ったお迎えでした。
それほどリダは眩しく精悍な軍人でした。
ファンの前に立つまでに1年9ヶ月、641日という服務の日々があったのですけれど。

2017年2月11日 リダ除隊レポ


「リダ、おかえりなさい」と言う日までどんな気持ちで過ごすのだろうと、入隊前は寂しく不安に思ったものでした。
でも、そんな思いを感じることさえ払拭するような一連の出来事と軍隊での日々。



GEMINIの後、困難が待ち受ける場所へ急ぎ帰って行ったリダ。
叶うことならこのまま日本にいてほしいと何度願ったことか。

リダの音信が途絶えたまま時が過ぎて行きました。
時折流れるメディアのニュースはことごとく良い内容ではありませんでした。

そして入隊直前に聞こえてきたイ・ジェマン弁護士の選任。
このことだけがファンの光明となりました。



2015年5月12日 入隊。
この日のリダを忘れることはないでしょう。
ひどく浮腫んだ顔と硬い表情は別人のようでした。
ただ時折、友人に見せる笑顔に救われました。
「リダが笑っている」
それだけで充分でした。


教育隊カフェにあがる同期と共に写るリダの写真。
微笑んでいるリダにほっとしました。
初めて見るマルコメ頭でも、同期の中では一番カッコイイと。

でも自隊配置になってからは、そんな機会もありませんでした。
たまたま外出先で撮影された写真や、部隊前の売店での目撃情報くらい。
便りの無いのは元気な証拠と思っていました。

実際、軍隊はリダにとって強固なシェルターになりました。
誰も手を出すことのできない、この上なく安全な場所。
それはベストなタイミングでリダも元に訪れました。
理解のある上司に恵まれ、日々訓練に明け暮れながらも、自分を振り返る時間もあったでしょう。
軍隊がリダを本来のリダそのものへ還らせてくれたのだと、
閉ざされた空間で貴重な時間をすごしたのだと思います。



将来のことを考えるようになったのは、いつ頃なんでしょう。
ファンに聴かせたいと練習した”wind song”は気持ちに余裕ができてからですね。

anemoneファンミでリダが引いてくれた私の質問。
「軍隊では歌を歌いましたか?」
これに即座に「軍歌!」と答えたリダ。
それも嫌そうに。
私は自分の歌を歌う機会があったのか?と聞きたかったのに。

軍歌を歌うのが嫌だったんですよね。
好きな歌を歌いたかったんですよね。
自分の歌を歌いたくなったんですよね。

641日の間にリダは自分を取り戻す事ができたのだと思いました。
歌手でありたいと願う自分になれたのだと思いました。



転役からこの1年、リダの活躍は目を見張るものがあります。
こんなに早くステージに立ってくれるとは思いませんでした。
こんなに早く日本に来てくれるとは思いませんでした。
ありがとう。
うれしかったです。

そして、戸惑いから自信を取り戻す過程を見守ることができて良かったと思いました。
同じ時を、同じ空間を共有できて幸せでした。




忘れてはいけない大切なこと。
2016年9月22日報道  軍検察による容疑なしの決定。
軍服務中の芸能人兵士に対する告訴が虚偽であることが判決された最初の事例となりました。
この判決は細部に渡り言及、記載されており、民間人相手のため最終判決とはならなかったのがとても残念でした。
これを読めば、先日の東部地裁判事の刑事判決がいかに陳腐で取るに足らないものだったのかがわかります。




現役で軍隊へ行って本当に良かったです。
現役入隊という勲章は、リダの生きる国では大きな力になるでしょうから。


無事に641日を過せて良かったです。
私たちの元へ帰って来てくれて感謝します。


まだやらなければならないことがあるけれど、
闘わなければならない敵がいるけれど、
時間がかかるかもしれない。
でも、ひとりじゃないから。
だから、急ぎすぎないで。


お互いに踏ん張った日々はかけがえのないものだから。
ふるいにかけられて、ここまで寄り添った想いはこれからも離れることはないから。


来年の2月11日が今よりももっと心地良い日として迎えられるよう、応援を続けます。




転役一周年 おめでとうございます。





2018-02-11(Sun)
 

今日も理不尽な風が吹く

 o0480072214087914959.jpg

就業時間中にもかかわらず、昼休みを待ちきれずにTwitterで判決を見ました。

自分の甘さを知りましたね。
前記事を訂正しなきゃ、と思いました。

軽く見積もって執行猶予あたりかな、と思っていたから。
フタを開けてみたら、まさかの罰金刑と無罪。


よくやりますね。
ここまであからさまにやるんですから。

これで判事が次の異動で出世したら笑えます。

過去の判決全否定ですから。

芸能人だから仕方ないとか。



韓国だから…
そのオチしかありません。


これって裁判じゃないし。


そもそも判決ありきだから、事件を調べる必要なんかなくて。
女癖の悪い芸能人が悪い、ってレッテル貼っただけ。



判決に満足だったご様子で。
自分は正しいから、相手が悪い。
自分は勝ったから正義。
自分を悪いとは思っていないはず。
まともな精神じゃないです。



リダが自分を諦めなくてよかった。



痴話喧嘩レベルに落として、まだまだイメージダウン活動継続中。

狙いはファン剥がしかな。

まだわからないのね。
日本のファンは離れない、ってこと。



ここまでやるって…
よっぽどリダが憎いのか、
よっぽどリダの存在が怖いのか。


心配なのはリダの身辺。
これ以上ハメられなきゃいいけど…



泣いちゃダメですよ。
落ち込んじゃダメですよ。


まだまだ踏ん張らなきゃいけないんですから。


どうぞご一緒に、ファイティン!!!!!








2018-02-09(Fri)
 

リダを探せ!~WhiteHorse Journeyを振り返る

    o0380032113769226706.jpg


今夜は昨夜の記事の続きです。

自分で画像をアップして、また見たくなってしまったジェジュンとのカナダ旅行。
ジェジュンはひとり旅っていう設定だったけど、仲良しリダが一緒にいたのね。
2010年1月9日ソウルを発って、16日帰国。
長い旅程もずっと一緒。
また見たくなってしまって、行ってきました。
やっぱり楽しい。
PCだと画像が粗くなるから、スマホの方がきれいに見えて良いみたい。


ここから⇒2012.10.28 リダを探せ!~JEJUNG WhiteHorse Journey


リダの登場シーンは記事を書いた時より時間差があるのかも。
だいたいの目安でご覧くださいね。


o0800045113769226703.jpg

o0800045113769226705.jpg


今日で1月が終わりますね。
いい1年の始まりだったでしょうか?
イマイチだったら…明日からリセットしましょ^^





2018-01-31(Wed)
 

リダとアートとマティックと  ♡動画追加しました♡

o0520039014113191443.jpg

お隣りでは最近”ペットとは呼ばずに”伴侶犬”と呼ぶそうです。
犬にまつわる芸能人の訴訟が問題になっている昨今ですが…


リダにとってはかけがえのない家族、アートとマティック。
リダを癒やして、支えてくれています。
この三者のカメラ目線、素晴らしい^^

彼らが一緒にいるだけで何だか安心します。
無償の愛と疑う余地のない信頼で結ばれた縁。
どこまでも優しいまなざしでアートとマティックを見つめるリダ。
一緒にいる画像は理由なく穏やかな気持ちにさせてくれます。


meet20.jpg

初めて会ったのは、2012年1月21日ソウルファンミ
まだ恋をするには早いと、パパが必死に止めていました^^

※動画を追加して貼ります♡


credit:Kim Phụng



ドキュメンタリーK-POP STARでは元気な姿を見せてくれました。


credit:ikkochan1




マティックは自分のご飯代は自分で稼ぎ出す親孝行犬


credit:Beautiful♡KimHyunJoong




o0540096013591605426a.jpg

アートがいるだけで、寂しさを感じさせない後ろ姿に



white hole#9

このショットに安心した私たちでしたね



credit:hyun kichi




そして、ソウルサイン会


credit:HollisHyun



私の好きな動画♪リダパパがアートを抱き上げるところがとても素敵♪
代わりに言ってあげるね ”アートになりたい”


credit:sphj0606b



ソウルサイン会#16
出処:画像内記載


穏やかな日々がずっと続きますように…






2018-01-29(Mon)
 
プロフィール

knob

Author:knob
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR