ODINA vol.04 2010.10月号~SS501のリーダーからアジアの星へ

ODINA 2010.10#1

HOT CHILI PAPER SPECIAL ODINA。
SS501をご存じの酒井美絵子さんが、リダの想いを引き出してくださっているインタビュー記事です。

KEYEAST移籍後間もなくの来日。
当時、雑誌の掲載がたくさんありましたから、見覚えのあるスーツ姿でしょう?
古い雑誌ですので、全文アップします。



キム・ヒョンジュン

SS501のリーダーからアジアの星へ
人生を変える出会いー24歳の覚悟と決断


 人との出会いが、人生を大きく変える。この夏、キム・ヒョンジュンはそれを証明してくれた。
 6月、練習生時代から所属していたDSPエンターテインメントとの専属契約満了に伴い、所属事務所を移籍したキム・ヒョンジュン。契約したのはキーイースト。ペ・ヨンジュンが所属し、大株主にもなっているマネジメント会社だ。移籍報道では「リトルヨン様誕生」「ヨン様が認めた後継者」などの言葉が躍った。
 移籍報道が冷めやらないなか、8月にキム・ヒョンジュンが来日した。大きな決断を下したあとの男の顔とはどんなものなのだろう。ドキドキしながら会いに行った。インタビュー室に現れた彼は、アイドルグループの一員であることを忘れてしまうほど<穏やか>な微笑みを浮かべていた。キラキラオーラを全身から漂わせ、まぶしい笑顔を見せていた今までのキム・ヒョンジュンとは違う、悟りを開いたようなアルカイックスマイル※だった。「ヨロシクオネガイシマス」と言って椅子に腰かけた姿は神々しささえ漂わせていた。

ODINA 2010.10#2

移籍直後、「移籍したのはキーイーストが歌手と俳優活動を並行するための明確なビジョンを見せてくれたから」と語っていたが、その背後にペ・ヨンジュンが大きな影響力を及ぼしたのは誰も予想しうる。事実、キム・ヒョンジュンは、ペ・ヨンジュンをヒョン(兄さん)と慕い、週2~3日は会っているとのこと。かなり親密なようだ。
「ヒョンとは仕事よりもプライベートなことをよく話します。ヒョンは人格がすばらしく、自己管理もしっかりしている。まわりの人との接し方など、学ぶところが多いですね。何より韓国という国を世界に広める役割を果たしている人じゃないですか。話しているうちに、漠然とですが、自分もそういう存在になれたら…と夢を持つようになりました」
 運命的な出会いがあっても、それをチャンスに変えなくては何の意味もない。チャンスに変えるのは自らの勇気、そして決断だ。キム・ヒョンジュンにはその勇気があった。
「僕の座右の銘は『今しかできないことがある』なんです。今という時間は一度きり。24歳の今だから挑めるステージがある。自分が望むなら、それはすべて正しい選択だと思っています。そしてどんなことも『なせばなる』。今までそう信じて生きてきたし、これからもその信念は変わりません」

ODINA 2010.10#3

 両親の反対を押し切り、高校を休学すると決め、アルバイトをしながらアーティストを目指した10代の頃。そのときにしかできないことを積み上げ、SS501で歌手として成功する夢を実現させた彼の言葉には、説得力がある。そして、最近、もうひとつの大きな出会いがあった。
日本版『花より男子』で花沢類役を演じた小栗旬だ。俳優だけでなく映画監督としての道も歩み始めた小栗旬との出会いで、彼はどんな未来像を描いたのか。
「僕はまだまだ演技の修行中なので、小栗さんのように今すぐ映画監督になろうとも、なれるとも思っていませんが、世の中何が起こるかわかりませんよね。そういう機会が訪れたときのために、今はできるだけ演技の経験を積もうと思います。それよりもっと僕に大切なのは、ずっと<歌手キム・ヒョンジュン>でいること。歌手として長く活動し、自分に才能があるならば、将来、後輩歌手を育ててみたいです。自分に足りなかったものを足して、SS501が成しえなかったことを実現させるプロデューサーになりたいです」

ODINA 2010.10#4

 そう、「一生涯音楽に関わっていく」と宣言したキム・ヒョンジュン。だが、今はもっぱら俳優業に忙しい。9月から韓国でスタートしたドラマ「イタズラなkiss」に主演している。原作は日本のマンガ。日本は台湾でもすでにドラマ化され、ドラマ制作会社もグループエイトと、韓国版「花より男子」との共通点は多い。
「実は『花より男子』のクランクアップ後、高校生役はもうごめんだと思っていたんです。でも、この作品には絶対出るべきだと事務所から言われて…そんなもんかなと出演を決めました。韓国語で『耳が痛い』という言葉があるのですが、僕にはそういうところがあります。人の意見に左右されやすく、思ったことを貫けないんです。自分の意見に他人が反論すると、なんとなくそっちに納得してしまったり、気に入らない服でも似合うと言われたら買ってしまったりするんです。好き嫌いがはっきりしているタイプなのに、人には流されるというか。直したいんですけどね。そんなわけで、また高校生役を演じることになったんです」
 ドラマには原作ファンの厳しい目が光る。他国ですでにドラマ化されている作品となればなおさらだ。
「原作マンガに忠実であることは基本中の基本。でもマンガや日本版や台湾版のドラマとまったく同じことをしていたら、韓国版『イタキス』を作る意味がないじゃないですか。原作の枠の中でいかにオリジナリティを出し、魅力的なものを作り上げるか。そこを考えながら作っています」
 主人公のスンジョは、IQ200の超高校生。人間離れしたキャラクターだが、その役作りは、意外にもシンプルだ。
「どんな役であろうともいつも一緒。いろんな面からキャラクターを研究するのみです。演じるキャラクターの癖だとか口調だとか、しぐさをできるだけ想像します。キャラクターをつきつめればつきつめるほど、そのキャラクターが生きてきますから」
「花男」のジフも「イタキス」のスンジョも、だんだんヒロインを好きになっていくタイプ。しかし、当の本人は正反対の<即決型>だという。
「ひと目ぼれが多いですね。会った瞬間に『あ、好き。あ、嫌い』と(笑)
好きなタイプは僕をある程度野放しにしてくれる女性。少しの束縛は悪いことではありませんが、僕のしたいことをさせてくれないのは困ります。例えば、僕が友達とお酒を飲みに行くときに、むしろ『楽しんできてね』と笑って送り出してくれる人がいいですね」


ODINA 2010.10#5

 俳優としてますます飛躍するキム・ヒョンジュン。だが歌手としての彼を愛するファンにとっては、今後の歌手活動も気になるところ。
「『イタキス』の主題歌も僕が歌っていますし、楽曲を選んだりダンスを習ったりと、アルバム制作の準備もしています。俳優活動は僕の音楽性を成長させてくれるものと信じています」
 最後にファンへのメッセージをもらった。
「このあいだ、日本のファンの方々のドキュメンタリービデオをみたら、ヌナファンたちが『アジュンマでごめんね』って言っていたんです。そんなふうに思わなくていいのに。僕より年上のファンのみなさんも、若々しくいつも少女のように輝いていてほしいですね。歌手に俳優に、これからもがんばりますので期待していてください」
 SS501のリーダーとして、常にそのカリスマでメンバーを引っ張ってきた彼。そのカリスマとは正反対に、バラエティではマイペースさと4次元発言を連発する<宇宙人的天然素材>っぷりを見せ、お茶の間に笑いを提供した。寝起き姿をドッキリカメラにおさえられたり、着ぐるみでおどけて見せたりすることもあった。カッコイイのにちょっと三枚目。そのギャップが魅力的なひとだった。しかし、今回のインタビューでその面影はなくなっていた。芸能人として生きていく<覚悟>を決めたような趣だった。大きな決断は人そのものを変える。キム・ヒョンジュンは、今新たな一歩を踏み出したばかりだ。





インタビュー当時とドラマ撮影中の今と状況が似ています。
『都市征伐』もキャラは違えども主演のリダ。
たくさんのプレッシャーがあるでしょう。
インタビューでは「一生音楽に関わって行く」と宣言していても、あくまでも裏方の世界。
ソロで成功した現在は「一生ステージに立つ」歌手キム・ヒョンジュンでいてほしい、そう思います。
そして、韓国を飛び出してすでにアジアの星になりました。
計画を立てるのが好きなリダ。
でもその計画はいろいろな状況で変わります。
揺るぎない想いを持ち続けているリダです。
そのとき、そのときにリダが一番いいと思う答えを出せればいいですね。
運命的な出会い、そしてそれをチャンスに変える勇気と決断…。
まず、運命を引き寄せる自分にならなくてはいけませんね。




※古代ギリシャのアルカイック期(紀元前700年~500年頃)に製作された人物の立像に表現された表情から来た言葉。動きの乏しい様式で、顔の表情は感情表現を極力抑えている中で、口元だけが微笑みの形を伴っていることに特徴がある。以上の事から、無表情にも拘らず口元に笑みをたたえたような表情の事を「アルカイックスマイル」と呼んでいる。(knob 注)


ODINA(オディナ)…韓国語で「どこでも」という意味の言葉。
いつでも、どこでも、最前線の韓国エンタメにアクセスしよう、がモットーとのこの雑誌、
HOT CHILI PAPERの別冊シリーズです。




関連記事
2012-09-02(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-09-02 06:11 |  |    [ 編集 ]

今しかできないこと・・・あるある!! 

knobさん おはようございます

連日の夕方雷雨のおかげで?
朝夕は、秋の気配を感じるようになりました。

リダのステキな記事を読んだのに・・・
アジュマでごめんね・・・
これに反応してしまったわたし(笑)
リダ・・・ほんとにいいの?
ダメといわれても通用しませんけど・・・(*^_^*)

冗談はさておき・・・
このイタキスの頃は・・・
リダは・・・俳優重視になってしまうのかな?なんて思ったけれど
思えば、もう2年もドラマしてなかったんですね。
そして・・・ソロ歌手活動・・・で
自信もつけて
快感も得て・・・
都市征伐・・・どんなことを得たり、感じたりするのかな?
ますます素敵になっていく
リダに逢えるのが楽しみです。
でもあまりBIGにならないでほしいけど・・・^^;

今しかできないこと・・・
わたしもあると思っています。
だから走るのです
後悔先に立たずだから・・・



2012-09-02 08:34 | maki | URL   [ 編集 ]

大きな決断 

knobさん アンニョン!

またまたリダ語録がつまったインタビューをありがとうございます。
リダの考え方、人生の計画などのコアがここにありますね。

将来、後輩歌手のプロデュースをしたいと思っているのは知っていたけれど、映画監督も考えていたとは知りませんでした。
「SS501がなしえなかったことを実現させる」後輩歌手を育てるという言葉は、せつないなあ・・・

makiさんが反応した「アジュマファン・・・」
私はもっともっと年上だけど、リダの言葉を信じて、
一緒に「少女のように輝いて」いましょうね(笑)
2012-09-02 14:09 | 遅咲 | URL   [ 編集 ]

Re: アジアの星&宇宙神。。。 

鍵コメさん、アンニョン。

この頃は移籍問題があったから、インタビューもそのあたりの質問が多かったです。
その中でも、この記事はSS501の頃から取材なさっている酒井さんのものなので、
丁寧に聞いて、書いてくださっています。
まだまだ頭の中の青写真が現実のものとなるかどうか、模索していた頃のリダです。
とりあえず、のドラマで人気が出ましたが、
歌手としてはまだまだ、迷いも不安もあったと思います。
ソロデビューまで、あと1年待たなければならなかったから。
でも時間をかけたおかげで、リダの歌手としての歩みが
確固としたものになったと思います。

HEY!×3のときにすでに、出演に難色を示す声がありました。
文化交流が滞りなくいい関係を保ってくれることを願います。
2012-09-02 14:22 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 今しかできないこと・・・あるある!! 

makiちゃん、アンニョン。

珍しく2日間家にいられる週末は振ったり止んだりの気まぐれ宇宙神(笑)
もうしばらく暑さに耐えなければならないけど、
痩せる気がするから、いいことにします(笑)

このときのインタビューは「アジュマって言わないで」発言が多かったです。
ひとりになって、自分のファンの年齢層にびっくりしたのかも(笑)
ギュやマンネのファンは若いもの…。
リダ~覚悟なさいませ~!

イタkissも去年までイベントやってましたもんね。
撮影した本人がもう忘れちゃったりして。
今度はどんなドラマかわからないうちにイベントしちゃうし(苦笑)
あんまり語れないなら、リダにたくさん歌ってほしいです♪

今しかできないこと、あります。
リダは時間が限られているから、なおさら。
その時まで、元気に走らなくちゃ!
2012-09-02 14:39 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 大きな決断 

遅咲さん、アンニョン。

後輩のプロデュースは歌手をやりながらできますよね。
ダンスが完璧にできなくなったら、歌手引退って言っていたのが、
ロックで続ける発言になって、よかったです。

映画監督…まではいかないけど、MVやアジアツアーの映像は出演も含めて
リダがアイディアを出して、きっと時間をかけて、面白がって創ってくれたのだと思います。
セットリストとステージの進行も、ね。
お芝居もうまくなったし、ARTMATIC劇団もいい味出してるし(笑)

5人じゃできなかったことが、今できているんでしょう。
でも5人じゃなきゃできないこともありますよね。
それを今、はっきりわかるから
いつかは5人で、って言えるんだと思います。
再結成じゃなくていいんです。
一緒のステージに立って、過去の曲と新しい曲をちょっとだけ、歌ってくれれば。
SS501が彼らの心のよりどころのひとつであってほしいです。

人生の先輩、ファイティン!!
2012-09-02 14:53 | knob | URL   [ 編集 ]

ビジョン 

knobさん、こんにちは。

リダの人間性が垣間見れる記事を読めるのは、嬉しいです。
記事をUPいただいて、ありがとうございます!
人生は、選択の連続と言いますけど、移籍はリダにとって大きな意味を持った選択でしたね。

私はここ最近ようやく…、人生のビジョンを描き、目的を持って生きることの大切さを認識したのですが^^;、リダは若干24歳で既に、先々を描いた生き方をしてたことに感嘆しました~!たゆまぬ努力を持って。

これからの彼のビジョンをいつまでも共有していけたらいいな☆







2012-09-02 20:05 | ゆーり | URL   [ 編集 ]

覚悟と決断 

この時期に出た雑誌、あまり買ってないのですが…

覚悟と決断 っていう活字が、重くて重くて(笑)

この時期の記事を読んだり、一生懸命スンジョ君を演じてるリーダーを見るのがなんとなーく辛かったり。でも、イタキスの最終回のイベントでは、やっぱり『リーダーヒョンジュン』って自分で言って(書いてですかね)くれて安心したり。

まぁ…今だから笑って『そんなこともあったよね~』ってカンジで言えてるんですかね。


さてさて。長かったちびっこの夏休みも今日で終わり!明日はゆっくりジフソンベ観賞できます(^o^)v
GEOでレンタルしてきたのですが…隣の韓流最新作コーナーにはマンネちゃんのドラマがずらーっと並び!なんと!なんと!全部貸し出し中でした。スゴーイ!やったぁ!よくやった!チャレッソヨ!

2012-09-02 23:11 | いちごギュ | URL   [ 編集 ]

Re: ビジョン 

ゆーりさん、アンニョン。

最近の日本の雑誌は、内容がほとんど同じものが多くて残念です。
語るべきことをたくさん持っているリダなのに。
過去雑誌のほうがツッコんでいたように思います。
現在も海外のインタビューは聞き手が勉強しているせいか、深い話を引き出しています。

これで24歳のインタビューですものね。
たくさん苦労したから…。
頑張るリダを応援していきます。
2012-09-02 23:56 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 覚悟と決断 

いちごギュさん、アンニョン。

長い夏休み、お疲れさまでした。
まだまだ…と思っていたけど、振り返ると早かったです。

リダが大変な時期でしたね。
バッシングもあったし(泣)
メンバの分も背負ったリーダーはエライ!

ずっとドラマをやっていると、ステージが恋しくなるんでしょうね。
ダイレクトに手応えがあるもの。
ファンも同じだけどね。

ジフ先輩は今、何してるところ?
マンネちゃん、すごいですね。
ちょっと観たいかも。
2012-09-03 00:05 | knob | URL   [ 編集 ]

ふたたび… 

ROMEOさまを拝んだあと、用事があって吉祥寺に行ったのですが…

この雑誌、立ち読みしたの吉祥寺だったかな~なんて思いながら、本屋さんに立ちよったら…まだ売ってました(゜ロ゜)かなりビックリしました。あの時は立ち読みして本棚に戻しましたが、今日はちゃんと買ってかえりました(笑)

東京って…スゴイ\(~o~)/

ちなみに…2007年の東京のコンサートの記事が載ってるのもありました!
ハニーフラ~ッシュ( 〃▽〃)あ。ミンのカギ爪はこの時からかぁ~と妙に納得。
…って。しまった!ROMEOだった(爆)



2012-09-09 21:15 | いちごギュ | URL   [ 編集 ]

Re: ふたたび… 

いちごギュさん、アンニョン。

吉祥寺のなんと素晴らしい本屋さんでしょう~!
いいなぁ…
まずい…私が行ったらとんでもないことになりそうだわ(笑)

最近ネットの古本屋さんを覗いてますが、
当時スルーした雑誌が格安で出てきたりしてるので、つい…ポチ!
タイムマシンは止められそうにありません。

ROMEO様、J-POP勝負なのでしょう?
キレイなお顔が…バットマンのジョーカーに見えてしまいました~!
ROMEO様、大丈夫かな…
2012-09-10 02:22 | knob | URL   [ 編集 ]

みたび(笑) 

ROMEOさまは普通にK‐POPに鎮座されてましたが…(爆)

古本屋じゃなく、普通の本屋さんにあるところがポイントですよね。でも…このての古本屋がリアルにあったら…私たち毎日通いそうですね(-_-;)

2012-09-10 08:03 | いちごギュ | URL   [ 編集 ]

Re: みたび(笑) 

いちごギュさん、アンニョン。

ROMEO様はJのはず…ま、いっか。
ファンクラブができましたが、ジョンミンとは別モノ?
また、会費払うんでしょうか?
…素朴な疑問でした。

フツーの本屋さん、素敵すぎ。
定価のままで売ってるんですよね?
貴重な雑誌ならお買い得です。
掘り出し物がたくさんありそうですね~!
2012-09-11 01:07 | knob | URL   [ 編集 ]

プロフィール

knob 노부

Author:knob 노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

「おかえりなさい リダ」の日
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR