ARENA37℃ SPECIAL vol.29~SS501 JAPAN 1st CONCERT 2006.9.16、17@大阪グランキューブ

ARENA37℃ SPCL 2006.11#1

2006年9月16日、17日はSS501 日本初の単独コンサートが行われた日です。
始まりは大阪なんですね。
記者会見とコンサートレポ、K-POPに詳しい杉江優花さんの愛ある記事です。

ARENA37℃ SPCL 2006.11#3

SS501 JAPAN 1st CONCERT 2006.9.16、17@大阪グランキューブ

記者会見記事は、日本初のコンサートへの意気込みを語ってくれている5人です。
自分の隣のメンバの魅力を語るところを抜粋。

ジョンミン「あの~(笑)、マンネは、メンバーの中で一番年下なので、とてもキュートでかわいいです。そして、全身から滲身出る愛嬌が、日本でも韓国でも愛されている魅力じゃないかと思います。内容はもちろん、人形のような外見も大きな魅力だと思いますね」

マンネ「あの~(笑)リーダーは、一言でいうと男らしいです。中でも強調したいのは、目の力ですね。それはレーザー光線のような強さを持っているんですが、どこか哀しげな色も持っていて、そういうところが僕はとても好きです。そしてチームの中では、ほかの4人に足りないものをどんどんサポートしながら、男らしくリードしていくところが魅力なんだと思います」

リーダー「ギュジョンは、とても心の温かい。心の優しい人間性を持っています。言葉ひとつにしても、配慮した言い方、優しい気持ちが滲み出る心遣いを感じさせます。なので、いつもギュジョンの周りには人がいっぱいいます。そしてもう一つの魅力は、何でも一生懸命に取り組むということです。1つコレだと決めたら、最後まで一生懸命にやり通すんですね。その情熱もまた、彼の魅力だと思います」

ギュジョン「ヨンセンは、まず歌がとってもウマいです。音楽的に、彼から学ぶものはたくさんあります。そして、僕より年上で普段は僕たちの世話をよく焼いてくれる優しいお兄さんなんですが、たまに僕たちがヨンセンの世話をしたいなと思うくらい、かわいいことをするのがもう1つの魅力です(笑)」

ヨンセン「ジョンミンは、とてもセクシーで、カリスマ性があります。SS501の中で一番話がウマいので、なくてはならない存在です。そして、笑顔がとてもキレイでかわいいです。心がとても優しいので、僕たちの世話だけでなく、普段も隠れてボランティア活動に励んでいたりもします」

ジョンミン「ええと…今までみなさんに申し上げたのは、SS501のそれぞれのメンバーに対する希望でした(笑)」

 照れ隠しからそんなオチをつけようとしたセクシー・カリスマだが、ボランティア活動は本当に積極的に行っているんだとか。冗談めかして善行をひけらかさないあたりに、やっぱり人柄が滲み出る。短い時間だったが、5人の人間性がよく表れた会見になったようだ。
 そしてこの会見後は、和やかな雰囲気のままフォトセッションへ。ホントに仲の良い5人、ジャレ合いつつも天性のフォトジェニツクぶりを見せつけていた。とにもかくにも、大物の器なのである。

ARENA37℃ SPCL 2006.11#2

ARENA37℃ SPCL 2006.11#6

ARENA37℃ SPCL 2006.11#4

ARENA37℃ SPCL 2006.11#5


表現者でありアイドルである5人の限り無い可能性が光るステージ!

ARENA37℃ SPCL 2006.11#7

コンサートレポ(全文)

 想像以上のふくよかな歌唱力、研ぎ澄まされたダンス、人を惹きつけてやまない屈託のない笑顔…SS501、記念すべき日本での初コンサート”STEP UP”では、そんな彼らの他面的な魅力を余すことなく堪能することができた。平均年齢19歳らしいエナジーと、平均年齢19歳とは思えない堂々としたパフォーマンスぶりに、正直、圧倒されてしまった。
 紗幕の向こうにたたずむメンバー1人1人にスポットライトが当たっていき、重厚なダンスナンバー『Fighter』のイントロで紗幕が落ちると…そこには躍動するメンバーの姿が。ブラックの大人びた衣装に身を包み、男性ダンサー6人とキレのいいダンスを見事なチームワークで見せていく。しょっぱなから、リーダーがアオれば取材では大人しいヨンセンも水を得た魚のように歌い、踊っているではないか。セクシー・カリスマに至っては、いきなり胸をはだけている(笑)。ミドルナンバー『Passion』では、ヨンセンを中心に5人が見事なハーモニーを響かせ、オーディエンスをぐいぐい引き込んで行く。
「まいどー!SS501です。僕たちの日本初コンサートに来ていただいて、とても嬉しいです」(リーダー)
「今日はかっこいいステージをお見せします!」(ギュジョン)
「こんなにたくさん集まっていただいて嬉しいです!」(ヨンセン)
「今日のためにいろいろ準備したので、楽しんでいってください!」(マンネ)
「わたしがセクシー・カリスマです(笑)。いつまでも記憶に残るような空間を作ります」(ジョンミン)
一生懸命な日本語のメンバーMCに、オーディエンスも思わず沸く。
客席のペンライトがキレイに彩ったバラード『In Your Smile』、マンネが先陣を切って歌声を響かせた『Never Again』と、言葉は通じなくてもその”想い”が次々と胸を震わせていく。
 と、ここでいったんメンバーがステージからはけ、オフショットを交えながらSS501のヒストリービデオを上映。子供時代の写真がまた、かわいいのだ(笑)

ARENA37℃ SPCL 2006.11#8

 「No matter what」からはブルーとホワイトのボーダー柄の衣装にチェンジ、”出会いと別れ”を描いたという韓国でも未披露のバラード「sky」、ハンドクラップが巻き起こったポップソング「Radio Star」、男女混合ダンサー8名とビーチボールが彩ったアップテンポの「Bye bye」と、発売予定の正規アルバムから新曲を次々披露。よりキャパシティーを広げたSS501の片鱗が垣間見えて、どうしたってアルバムへの期待も高まるところだ。
 メンバーがふたたびステージを去ると、今度はヨンセンが髪を七三分けになでつけたニュースキャスターを装い、くだらない…じゃなくてコミカルなSS501ニュースをお届け。というか完全なコントフィルムなのだが、しまいにはメンバーの女装シーンまで飛び出して、なかなかニューキャラ開拓!?なチャレンジをしていた。とてつもなく間違った大阪弁の翻訳テロップがまた、浪速っ子にはツボだったようだ。
 後半戦は、T-シャツにGパンというストリートスタイルで、リーダーとジョンミンがダンスバトルを繰り広げたR&Bナンバー「TakeUHigh」、ヨンセンが情熱的に歌い上げたポップソング「My Girl」と、ますます熱を帯びていく。そしてクライマックスは、メンバー自らが日本語に翻訳したという「Everything」「白い人」。メンバーの伝えようとする”想い”に、観客も一際大きな歓声で応える。
 彼ら5人が集まって初めて一緒に歌ったという”はじまりのうた”「警告」ではギュジョンの独唱パートも飛び出しつつ、最後までキレのいいダンスと美しいハーモニーは鮮烈さを失うことはなかった。鳴り止まないアンコールに応えては、大合唱が巻き起こったキャッチ―ナンバー「SnowPrince」を披露。メンバー、そしてオーディエンスのこの上ない笑顔、そして絆が、とても大きくて温かい一体感を生んでいた。韓流だとか、アイドルだとか、そんな狭い枠にとらわれない、ニュータイプのエンターテイナー、そしてアーティスト・SS501。彼ら5人が、曇った空を鮮やかに染め上げる日も近い。



credit:xuevana


credit:giooyi


credit:lhyziee

「SS501 1st Concrt in OSAKA」DVDには入っていないSS501ニュース。
韓国の1st DVD「Step Up」に収録されています。


credit:OvioletMagicO

内容を詳しく知りたい方は、過去記事で。
   ↓
SS501ニュース



関連記事
2012-09-17(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-09-17 05:52 |  |    [ 編集 ]

6年前~ 

knobさん おはようございます

6年前の今日・・・リダたちは大阪にいたんだぁ・・・。
冬のソナタも未だに見たことないわたしは
その頃は、KPOPも韓流とも無縁の毎日を過ごしていました・・・
きっとこの時期からして阪神タイガースに一生懸命だったかも・・・(笑)
リダにあって甲子園に行く機会も減り・・・タイガースも・・・↓↓(/_;)
話しは戻して^^;
知っていたかったなぁ・・・この時のゴンイル・・・でもknobさんたちのおかげで出会っていたかのようにいろいろと知ってるけど(笑)
そして・・・この記事・・・とてもステキですね。
いつもいつもこういう方がこういう風な見方で記事にしてくださるといいのに・・・
相変わらず・・・リダのお目目は可愛いわぁ・・・
そしてリダはこのときから、やっぱりマンネちゃんの憧れだったのね・・・

そろそろ来日といわれているヨンセン・・・一人で大丈夫?と思ったけれど・・・このニュースキャスターを見ていたらやる時にはやるのかも・・・と思ったら楽しみになってきました。
2012-09-17 10:58 | maki | URL   [ 編集 ]

Re: リダ、綺麗だなぁ。。。 

鍵コメさん、アンニョン。

休みの日は過去雑誌をご紹介しようかと。
普段は時間がないので、なかなか手をつけられません。
もう、時効だと(勝手に)思うので転載させてもらっています。

彼らのハーモニーは綺麗で大好きです。
リダは目立たないポジションが多いんですよね。
歌もソロパートが少なかったり、
後ろで一生懸命ダンスしてたり。
ときどき脱力したり(笑)
誰かが歌っている時に、後ろでスタンバイしながら喋っていたのを初めて見たときは、びっくりしましたもん。
おもしろいなぁ、って。

SS501の記事は反応がイマイチなんですが(笑)
リダ風ではこだわりますから~。
サブタイトルを固持しますので、「これからも「よろしく」です。
2012-09-17 17:45 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 6年前~ 

makiちゃん、アンニョン。

SS501のカケラも知らなかった頃です。
この頃からご存じの方は、尊敬ですね。
せめて、過去記事で空白を埋めてください。
基本、気持ちにブレはありませんから、
いつの記事でも同じです(笑)

タイガース応援してたんですか?
知りませんでした。
六甲おろしを歌ってたんですね。

ヨンセンさん、来日しましたね。
ミュージカルの経験とか役に立って
きっと本番に強くなっているでしょうね。
スタンディングの自分の足腰のほうが心配かも(笑)
2012-09-17 17:53 | knob | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-09-17 21:06 |  |    [ 編集 ]

 

knobさん、皆さんこんばんは。
記事を読みながら、アップのリダに、「わ~~綺麗だな」「かわいい」「目がおおきい~」と、得意のひとり大騒ぎ^^

うっとりするほどに、綺麗で・・・でも、おしゃべりが・・・楽しい^^若さ?もう、かなりサンの線ですね。
楽しくて、サービス満点で、かっこよくて、パフォーマンス、歌も上手くて、ああっ何故あの頃に、出会わなかったのだろう?リアルで、みたかったです。
でも、私がリダに、出会うタイミングは、去年だったんですよね、きっと。
今は、こうしてknobさんから、私の知らないリダに出会わせてもらえて、とても、幸せです。
ありがとうございます。
2012-09-17 22:50 | あんや | URL   [ 編集 ]

今でも思う 

なぜに大阪?

まぁ…おかげでテレビで見れたけど(笑)


私、サムゲタンも食べたいけど、ハッピンスも食べたかったです!!もう秋になっちゃった~(;_;)
来年は絶対食べます!!

2012-09-17 23:32 | いちごギュ | URL   [ 編集 ]

Re: とことんこだわってくださいね~。 

鍵コメさん、アンニョン。

”KHJ ssiとSS501のあれこれを綴ります”って書いてある。
ブログのURLもね。
こだわりましょう!

自らを実験台にするとは…(笑)
そんなにユニークな方とは知りませんでした。
結論…早っ!
何度見てもね。
でも、リアルタイムで見ていたペンは
気が気じゃなかったでしょうね。
リダがあんなに変わって行くのを目の当たりにしたんですから。
2012-09-18 00:09 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

あんやさん、アンニョン。

楽しんでいただけたようで、よかったです。
この頃に出逢っていたら…
こんなに走れませんでしたね、間違いなく。
私も私のタイミングだったんだと思います。

大事なのはこれから。
ずっとリダを応援できるかどうか、ですね。
2012-09-18 00:14 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 今でも思う 

いちごギュさん、アンニョン。

大阪って縁がありますよね。
まいどおおきに、とか。
ローカル番組もあったんでしょう?
リダのソロ・ツアーも大阪がスタートでしたね。

ソリで食べたハッピンスが最後だわ。
9月じゃさすがにやってないんでしょうか?
残暑でもだめ?
私の夏の味に定着。
いちごギュさんは、ドジョウもね!(爆)
2012-09-18 00:18 | knob | URL   [ 編集 ]

大好き 

knobさんあんにょん☆
リダからダブルの存在を知ったのですが、5人が大好きなんですよねぇ^-^
じゃれ愛(笑)たまりません
まだ5人揃ったライブは見たことがないので楽しみに待ちたいと思います…
その頃にはダブルもちょっとアジョシ???になっちゃうかなぁ~(笑)って、アジュマな私はもっと年をとってしまいますけどぉ~(ToT)
元気なうちにお願いしたいです^_^;
2012-09-18 00:58 | クッキー | URL   [ 編集 ]

Re: 大好き 

クッキーさん、アンニョン。

私もそうです。
花男のときもクラブで歌う3人はスルーしてましたもん。
ずいぶん歌のシーンが長いと思いつつ…。
このホストっぽい3人は何者?って(笑)

大人になった彼らがじゃれあうのも見たいですね。
彼らが大人になって、ファンは若作りすれば、
見た目のギャップは埋まりますね~(笑)
頑張りましょう!!
2012-09-19 00:29 | knob | URL   [ 編集 ]

プロフィール

knob 노부

Author:knob 노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

「おかえりなさい リダ」の日
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR