2012.10.13 LOTTE ファンミーティング レポ

ただいま。ソウルから帰国しました。
たくさんお伝えしたいことがあるのですが、今夜はファンミのレポをアップします。
いただいたコメントへのお返事は、お時間をくださいね。


o0504060412235415638.jpg
今回もレポ席だったので、画像をお借りしてきました。出処:画像内記載

リダの言葉はハングルは未表記、日本語部分は(日)とします。


17:12 定刻を過ぎて会場の客電が消え、正面のスクリーンに新しいイメージが映し出されました。
立方体にLucky Guyなどの様々なリダの姿が現れては粉々に消え、最後に「H」のマークが浮かびあがりました。
ステージには武道館と同じDOWNHELLのメンバーがスタンバイしています。
イントロが流れ、ステージ中央にリダのシルエットが映ると、客席から歓声が上がります。
リダは武道館と同じ衣装、違うのは左手に黒の革のブレスレットをしていたこと。
今日もバンドスタイルのリダです!

①Do you like that
 
 ステージ4ヶ所から炎が上がります。
 これがファンミ?というくらい始めから総立ちのコンサート状態です。

②Lucky Guy
 
 ラストのフレーズのシャウトがすごい。
 リダ、すでに全力疾走でノリノリなのがわかります。
 歌い終えて、水を飲み…

リダ:アンニョハセヨ。
   (日)こんばんは。
   ネ、(←口癖ですね)
   また、会えましたね。
   お久しぶりです、KHJです…

早口で話すリダ。…ん?と一瞬沈黙のあと

リダ:(日)通訳さん!

(通訳はキム・テイさん♫)今まで、海外でコンサートをやってきましたが、
    久しぶりにソウルでやることになりました。
    ソウルまで、遠くまで来てくださって感謝します。
    この機会を作ってくださったロッテ免税店の方々にも
    感謝の気持ちを述べたいです。
    今日、歌ってあげる曲はバンドバージョンです。
    今日はコンサートではないです。
    短い時間ですが、短く太くやります。
    
    涼しくなり、秋が来ました。
    何より秋ですから、寂しい人はこれを乗り越えて過ごさなきゃいけませんね。
    この季節に合う曲です。
    ソロの人には寂しいかもしれませんね。

       今はイベント以外では歌う機会のないリダです。
       ステージに立てることが、うれしくてたまらないようです。
       ドラマ撮影が続くと、なおさらなんでしょう。

③君も僕と同じならば
 
リダ:ネ、いかがでしたか?
   皆さん、いつも最高と言ってくれますね。
   
   突然ですが、近況をお知らせします。
   スキューバダイビングの資格を取りました。
   海の中に入っていろいろな魚を見ました。
   今まで海を怖がっていましたが、勇気を出してやることにしました。
   サメは韓国の海にはいないんですね。
   いつか機会があれば宇宙まで行きたいです。
   近いうちに海に潜って撮った写真をお見せしたいですね。
   海へ行って思ったことは、好きな人と来たら素敵だろうな、と。
   皆さんも僕も早く素敵な人を見つけて
   この秋を過ごせたらいいですね。
   今日一日だけ、僕と彼氏、彼女になりましょう。
   (日)今日だけだよ(笑)

       リダ、寂しいのね…(笑)
       今日はとても口がなめらかです。
       思いきりハングルで話しています。

④僕は君のもの

リダ:(日)最後の部分…
   練習は要りませんよね?(そして、歌い始めます)

♪ナヌンニ ヨジャヤ~  客席が上手く歌えません。

リダは指揮者のように両手を振り、歌うようにうながします。

♪ナヌンニ ヨジャヤ~  思いっきり ♪ナムジャヤ~が聴こえます。

リダ:(日)ナムジャ?もう一回!

マイクを客席へ向け、

♪ナヌンニ ヨジャヤ~

リダは♪ナドニ ナムジャヤ~ でしめました。

リダ:「僕も君の男」でしょ?
   韓国に来て数日なので、皆さん自分が何者なのか解ってないんでしょ?
   皆さん気をつけて、しっかりやりましょうね。
 
       合計3回の歌唱指導がありました。
       日本人はまだまだ理解が足りないから
       自分が教えなくちゃダメだって、悟ったんでしょうね。
       でも、歌っている時も終始笑顔で、
       心底楽しんでいる様子のリダでした。
   
    ずっと前からバンドのステージを夢見て来ましたが、
    このような素敵なステージができてうれしいです。
    皆さん、どうですか?
    だからと言ってダンスの練習をしない訳ではなく、
    皆さんをバンドに慣れさせて、
    またダンスミュージックをやろうと思います。
    バンドステージを用意したきっかけは♫Break Downを用意している時に、
    とても不安とプレッシャーがありました。
    一番初めは♫Pleaseの準備をしていました。
    その時、作曲家の方が、ピアノを弾いてくださって、
    新しい発想が出てきました。 
    いつか皆さんにバンドのステージを聴かせたいと思ったんです。
    そのバンドの♫Pleaseを聴かせてあげます。

ピアノ伴奏だけの♫Pleaseを少しだけ歌ってくれたリダ。そして、

⑤Please(バンドバージョン)

MC キム・テイさん登場。
  
MC:素敵な歌をありがとうございました。
  ファンミで7曲、8曲歌ってくれる人はいないんです。
  今日はファンのためのコンサートですね。

リダ:ネ

MC:この中で武道館にいらした方はどれくらいいらっしゃいますか?

8割以上のペンライトが揺れています。

MC:皆さん、聴けてよかったですね。
  じゃ、行けなかった人は?
  初めて聴けて良かったですね。
  バンドバージョンをやっていかがでしたか?

リダ:僕の曲はいつもソロでできるんですよね。
   でも、今まで5人で歌ってきた曲はグループの曲なので、
   皆さんに聴かせてあげなかったのが残念に思っていました。
   1人は多数にかなわないので、
   感動が小さいんじゃないかと思っていました。
   このように皆さんに聴かせてあげられなかったグループの曲ですが…
   (日)ちょっとだけ、30秒。
   
   一番好きだった曲です。

⑥Let me be the one(アコースティックギターバージョン)  

       1番だけですが、笑顔で歌ってくれたリダ。
       聴いている方は、うるうるです。
       ペンライトを振るのも忘れて耳を傾けていました。
       ここにいてよかった、心から思えたひとときでした。

MC:皆さん、韓国まで来た甲斐がありましたね。いかがでしたか?
   ぜひ、次のコンサートで、フルバージョンで。

リダ:(日)練習して、コンサートで(沈黙)…います。(歌って)いてあげます。

MC:5人の時はすごい感動でしたけど、
   バンドバージョンの曲は違う感動がありますね。
   歌ってないように、歌ってるような気もするし。(会場笑)
   この曲だけじゃないですよ。 …いい言葉なんですけど。
   歌の中に気持ちが全部あって
   リズムが皆さんの心の中にすっと入って行くような。
   華麗なパフォーマンスを見せてくれたのは本当に素晴らしくて、
   ミュージカルを見ているような感じで、ひとつの曲だけど、
   ひとつのショーのようでしたけど。
   今日リハーサルから聴かせていただいて、
   本当に歌だけでここまで気持ちが届くバンドバージョンいいなと思いました。

リダ:未熟ではありますが前に歌った曲を、皆さんに聴かせてあげたいと思います。
   このように応援してくださるので
   前に歌っていた曲もできるんじゃないかと、皆さんの応援で勇気がでました。

       リダがソロになって初めて、SS501の曲を歌いました。
       ソロ歌手KHJとして実績を残すことができたこと、
       確固としたポジションを得たこと、
       それがリダの自信となったのでしょう。
       SS501を封印することで、
       歌手KHJがソロでどこまでやれるのか試したかったのでしょうか。
       今日の晴れやかで饒舌なリダは
       今まで背負ってきた重い荷物を下ろしたような
       明るく軽やかな雰囲気につつまれていました。 
       その原動力は韓国での2枚のミニアルバムを皮切りに
       日本デビュー、そしてこの夏の♫HEATの大ヒットに他ありません。
       ですから、日本のファンへ向けてこの曲とメッセージを贈ってくれた
       リダの気持ちをうれしく思いました。

MC:現在はドラマの撮影でお忙しいんですよね。

リダ:武道館でお見せした映像の他にもたくさん撮影したのに
   お見せできなくて残念でした。
   来年になったらぜひ、お見せしたいです。

MC:アクションが大変ですね。

リダ:アクションが多くて、傷もケガも多いですが、
   ペク・ミルの栄誉の傷なので平気です。
   現在は歌手KHJではなく、ペク・ミルとして毎日を生きています。
   残念だけどダンスのシーンはありません。
   ダムビに対する愛、父に対する復讐、いろいろな姿をお見せします。  
   ダンスは歌手KHJで見てください。

MC:現場では何て呼ばれていますか?
  ミルですか?
  (リダ、照れる)
  では、皆さん呼んでみましょうか?

会場が一斉に「ミル~!!」

リダ:ミルというキャラクターはイタズラなところはないので
   魅力がないかもしれません。
   僕はミルのようにケンカも強くないし、頭も良くないですが
   短い時間ですが、ミルとして生きたいと思います。


■ゲームコーナー

アジアツアーと同じ、映画のポスターと同じポーズで写真を撮るゲーム。
MCのトークを待たずに抽選箱にさっそく手を入れ、
迷いもなくまとめて座席番号札を5枚さっさと選ぶリダ。
選ばれた5人がステージに上がり、カードを選ぶ順番をジャンケンで決めることに。
俄然、リダが張り切ってジャンケンを仕切ります。

リダ:(日)ジャンケンポ!
      最初はグ、ジャンケンポ! 
      最初はグ、ジャンケンポ!

全部決まらないうちにカードをめくろうとしたところ
それができないとわかり、

リダ:僕のステージは、そんなに最先端の技術はないです(笑)

5人それぞれカードが決まり、1枚ずつめくります。

1枚目「ゴースト」
いきなり出ました。会場もきゃ~です。
リダはさっさとポーズを取り、あっさり撮影終了。
そして、次へ

2枚目「僕の彼女はサイボーグ」
おでこキスのポーズ。
(心の準備とか一切なく)いきなりやってしまうリダ。

3枚目「リング」
顔の前に髪を下ろした貞子のポーズ。これがハズレカードでした。
たまたま引いた方が髪の長い方で、ポーズを取ったところ
リダに大ウケ、リダは笑いながら楽しそうにシャッターを押しました。
だけど、最後にハグのご褒美。

MC:ある意味これも当たりですよね。

4枚目「タイタニック」
これもあっさり。こなしてる?って感じのリダ。

5枚目「U:ZOOSIN」
残りはわかっているので、カードをめくりもせず(笑)
当たった方は少しお歳を召した方でした。
好きなポーズで写真を撮るというミッションだったのですが、希望がなくて。
MCに「お姫様だっことか?」言われても首を縦に振らず、
見つめ合うだけで写真を撮りました。

リダ:皆さんにしてあげたいけど、ここを借りてる時間があるから(笑)
   いつもこのゲームは楽しいですね。
   次はこのポスターにアニメーションとか入れたいです。

ホントは客席がきゃ~!とか嫉妬の嵐になるはずなんですが、
余韻もなく、あっさりと終了。短時間のゲームコーナーとなりました。

MC:アルバムのレコーディングは?

リダ:(日)終わりました。 
    
    ♫Your Storyとか、知ってる?
    大変な発言を(口を滑らせて)するのではないかと心配しましたが
    大丈夫ですね(笑)
    今まで皆さんが知らないKHJをお見せします。
    皆さん驚くかもしれませんが。
    KHJがこんな音楽をするのかと期待してください。

       曲をリリースするたびにイメージを変えるリダ。
       今度はいったいどんな姿を見せてくれるんでしょう。
       楽しみがまた、増えましたね。

そしてふたたび歌のステージへ。

⑦Merry Me

リダ:実はさっき驚きました。
   ♫Let me be the oneの時、泣いている人もいました。
   皆さんも僕と同じ考えだと思います。
   あの歌をもう一度聴くことができるのか、   
   それとも思い出として、しまっておくのか。
   皆さんの応援で、これからは気軽に歌う勇気をもらいました。
   そしてこの歌を歌いながら思いました。いい歌は残るのだと。
   やっぱり歌わなかったのはプレッシャーや表現できなかったからで、
   勇気がなかったんだと思います。
   これからは自信を持って好きなステージで歌を歌って行きます。
   それは歌手KHJの義務だと思います。
   そういう歌を心にしまわないで自信を持って歌ってくださいと、
   皆さんが言ってくださいました。
   私の心の中に、長い間収めていた古い曲を歌います。

⑧Creep

武道館より吹っ切れたように伸びのある声で
ファルセットまでも力強く歌い上げるリダ。
2回目はまた違う表情を見せてくれた懐かしい曲です。
リダにとっていろいろな思いのこもった大切な曲ですね。

リダ:いかがでしたか?
   初めて聴く方もいますね?
   いないんですか?
   (日)2回目?

   これが最後かもしれません。(客席から、「え~っ」)
   著作権の問題があるから。  
   このような機会はできますが、コンサートでは歌えません。
   次の曲は僕の曲なので歌ってあげます。
   皆さん、変わらない声援をお願いします。

⑨HEAT

スクリーンに歌詞が出ました。
リダ、2番の最後のフレーズに、また1番の歌詞で歌っちゃいました。
でもそんなこと、たいした問題じゃないって思えるほどゴキゲンなリダ。
ノリノリで飛ばす飛ばす!!
会場も大合唱です。

リダ:アンコールなしで行きたいと思います。
最後の曲なので、盛り上がりましょう!!

⑩Lucky Guy

スクリーンには宇宙神くんアニメが登場。
客席の掛け声部分の歌詞が出ます。
(武道館でみんなが歌えなかったところ?)
客席は♪fly away~のところはペンライトをぐるぐる回して
なんだかすごくいい感じです。
そして、バンドメンバー紹介へ。

       リダ、気持ち良さそうに歌ってました。
       本当に歌うことが好きなんですね。
       そして今日は心から楽しんで歌っていました。
       SS501の曲の解禁…。
       長い間心にしまっておいたものを解き放つことができて
       新しい気持ちでマイクを持つことができたのでしょうね。

18:40 終演

そして、ハイタッチという名の握手会。

限られた短い時間なので本当に伝えたいことだけ、言葉に託しました。
リダは「ありがとう」って日本語で返してくれました。
表情に疲れが見えていたし、肌もベストの状態じゃなかったけれど、
晴れやかな笑顔を見せてくれました。
今日は両手のギュ、リダの手のひらのぷくぷく感がはっきり手に残っています。



武道館での出来事で、日本のファンが心を痛めたバンドスタイルのリダのこと。
今回のステージで心配いらないよ、って言ってもらえた気がします。
リダは解っていたんだと思います。
手紙も必要なかったですね。
武道館で出された宿題が、すべて片付いたようです。
日本のファンの心配を払拭するかのように
自分のやりたかったバンドスタイルのステージを再び見せてくれました。
そして、新しい境地のリダの思いを知ることのができた今回のファンミ。
この場所に集えなかった方々へリダの言葉を届けたい、
という思いでペンを走らせました。
会場を後にして、「よかったね」としか言いようのない素晴らしいステージでした。

この次に会うときは、また違った姿を見せてくれるはずですね。
会うたびに驚きと感動をくれるリダに、ありがとう。




関連記事
2012-10-15(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-10-15 04:27 |  |    [ 編集 ]

初めまして 

いつも、ありがとうございます。
嬉しく、拝見させてもらっています。
ファンミレポ、想像で、臨場感をあじわえました。
リダ、これからも楽しみに応援しています。
いつかは、参加できたら、と思っています。
2012-10-15 07:34 | mikko | URL   [ 編集 ]

有難うございました! 

knob さん、おはようございます! 

スマホからの拍手コメ、変なところで切れてしまったのでこちらから^^ きっと土曜日の夜も眠れていない
はずなのに、お疲れの処、完全レポ 有難うございました! 沢山の人がknob さんの言葉綴りで様子を
知りたいと思っていたと思います。 本当に 熱いじゃなくて ”温かい”空気が流れていた空間にお招き
戴き、リダの歌を聞かせてもらった気分になれました。 Heat がもしからしたらリダの音楽の分岐点に
なれたら嬉しいと思ってきましたが、リダが段々 自分の音楽に自信を深めていく手ごたえが感じられ
ました。 SS501 の歌の封印をといてくれたのも、封印じゃなくて違う気持ちだった事も語ってもらえて
本当に嬉しいです。  お誕生日に 一日限定の ヨジャチングにしてもらえて良かったね❤ ヨジャ
チングには なれなくても リダの ソウルメート の気持ちでいたいです♪ 

現場の空気まで伝えて下さって、コマオヨ ! ..... ミーレ グラッツエ ❤❤❤

今日も ファイテイン ☆ 
2012-10-15 07:53 | lafone | URL   [ 編集 ]

お帰りなさい! 

knobさん
おはようございます

すごい!
とっても、とっても素敵なレポ、ありがとうございます!

涙、涙…
何度も読ませていただいています。4日のファンミとの続きになっているような、素敵なステージでしたね。歌の指導もしてもらって。
本当に行かれてよかったですね。日頃のknobさんへのご褒美ですよ。今日、一日だけの…?

今までの歌への思い、SS501への思い、ファンへの思い、いろいろな気持ちがたっぷり入っていますね。
楽しそうなリダの様子がよく伝わる詳しいレポ、感激です。
勇気と自信・・・、この夏、何かが心に届いたのかな。
封印していたものが、どんどん解けていきますね。
宇宙に行っちゃうのかな・・・・。

驚きと感動、おすそ分けいただきました。
リダとknobさんからのソンムル、もう一度、ありがとうございます。

2012-10-15 07:56 | Rain | URL   [ 編集 ]

思い出した事☆ 

knob さん、もう一つ大事な事書き忘れ..

チェバルとBreak Down アルバムリリース前のプレッシャー
のお話しを改めて聴いて、 ソウルショーケースでの
最初に舞台にジャンプして飛び出したリダが白い歯をみせて
笑顔で踊ってしまった Let Me Go や Break Down を
思い出しました v-238
2012-10-15 08:05 | lafone | URL   [ 編集 ]

ありがとうございます 

knobさん、お帰りなさい。実は、朝方にリポを読みました。でも読んでいる途中から(TT)で・・・。これは気持ちを落ち着けてからコメントを、といったん家事やらで気を紛らわして、再度こちらへお邪魔して、コメ書こうと、記事を読んでいたらまた(TT)もう、仕方ないです。たぶん次も同じ・・・(TT)しながらコメ書きます。
knobさん、詳しいレポありがとうございます。お留守番組には、とても有り難い事です。
リダの言葉を感じていたい者にとり、knobさんのように、詳しくリダの言葉をアップしていただける事は、とても幸せな事です。ありがとうございます。
リダのノリノリが、こちらにまで伝わってきます。
リダ本当にステージに立つのが、大好きなんですね^^
でも・・・意外?淡々と写真撮影に応じてしまうのですね^^なんとなく想像できますが・・・ためらいもなく、エイッて感じですかね~余韻に浸りたい時もあるのに~そんな余裕も与えない?リダ?常に走っている印象ですかね^^私の中では・・・
なんか、ほほえましいです^^

歌唱指導があったのですね^^よかった^^
実は、武道館の時、自分と周りの方は「ヨジャヤ~」と言っていたので、てっきりそうだと思っていたら、後日上がった動画で「ナムジャヤ~」の声が多くて><あぁきっとリダには、「ナムジャ」って聞こえたよな~~~。と凹んでいたので、今回のようにリダから、指導される事とてもいいと思います。
あと、歌詞、武道館でも、リダが客席に「every body~
」と掛け声求めるところがありましたよね?その時も~あれ今は、「every?」それとも「move?」と、順番が???になってしまったりしていたのでf^^歌詞が出ると、会場全体が一つになれますよね^^リダと一緒により盛り上がれますね^^

長くなってしまいました。やはり最後は涙がまた溢れてしまいます。「Creep」と「Let me~」このリダの言葉は、忘れてはいけない気がします(TT)今は他に、言葉が見つかりません。
ここまで、リダが、語ってくれた事に感謝です。そして、リダの思いを伝えてくださるknobさんにも、感謝です。ありがとうございます。
リダに会えてまた、パワーチャージできましたか?どうか季節の変わり目です。お疲れがでませんように・・・

あっすみません。皆さんのコメ拝見していて、knobさん、お誕生日だったのですね^^しかも、FMの時なんて^^リダからのハピバですね。リダがknobさんを呼んだんですね~羨ましいです^^
お誕生日おめでとうございます。
2012-10-15 08:08 | あんや | URL   [ 編集 ]

「勇気がなかった」 

knobさん おかえりなさい!

お疲れのところ詳しいレポをありがとうございます。

「通訳さん!」と呼ぶリダの様子、
「ヨジャヤ~」の歌唱指導をするリダ、
「ジャンケンポン!」と仕切るリダ、
みんな目に浮かびます(笑)
体験したことのないピアノ演奏の「Please」をその場でききたかったです!
「ミル~!」と呼びたかった(笑)

リダが「Let Me Be The One」を歌った気持ち。
今まで歌えなかった気持ち。
「勇気がなかった」という言葉の意味を私なりにわかりました。
ありがとうヾ ^_^♪

重荷を下ろしたリダのこれからがますます楽しみです。
まずは「unlimited」ですねv-10
どんな曲なのか?
ワクワクです(o^^o)
2012-10-15 09:45 | 遅咲 | URL   [ 編集 ]

お帰りなさい(^_-)-☆ 

 knobさん おはようございます!(^^)!

完全レポ!本当にありがとうございます。
昨日帰宅されて、また睡眠もとらず、アップしてくださったのでしょう<m(__)m>

lafoneさんツイ情報、makiさんレポ、knobさんレポで
お留守番の私も、参加したように、感動し、感激し、涙涙です。

ソロデビューのショーケースのリダの、緊張したぎこちない笑顔が
思い出されます!(^^)!
ファンミで語ってくれたリダの言葉で、リダのあの時の思いが
わかった気がします。

ファンミの場所では、感じられなかったけど
knobさんレポで楽しく、優しさが伝わってくるレポ
いつも いつも感謝です(^^♪

二日遅れですがセンイリチュッカハンミダ(^_-)-☆
リダと一緒のバースデイ忘れられないイベントの一日でしたね。
2012-10-15 10:13 | komao | URL   [ 編集 ]

^-^ 

knobさんあんにょん&おかえりなさい☆

臨場感あふれるレポ感謝していますm(_ _)m

こうしてレポを書いて下さる方がいるお陰で、その場の雰囲気を味わう事が出来てとても幸せです。

最高のお土産をありがとうございました^-^

二泊三日幸せなお疲れさまでしたo^∀^o
2012-10-15 11:47 | クッキー | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-10-15 19:27 |  |    [ 編集 ]

はじめまして 

knob さん、こんばんは。
以前からこちらにおじゃまさせて頂いてたのに、コメするのはじめてです。

今回は、どうしてもお礼が言いたくて。knobさんの詳しいレポ、もう幸せです。参加したかのようにリダの言葉がわかってうれしいです。
リダの気持ちがこもった素敵な時間でしたね。
共有していただいてほんとうにありがとうございます。

これからもよろしくお願いします。
2012-10-15 19:58 | にゃあ | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-10-15 21:58 |  |    [ 編集 ]

レポをありがとうございます。 

初めまして、詳しくファンミのレポをアップして下さってありがとうございました。

ソウルのファンミに参加した気分になって、映像が浮かんできました。

これから、リダ、少しずつ、SS501のナンバーを歌ってくれるんだと思うと嬉しくなります。

一つ一つ、成長しているリダが益々、大好きになりました(´∀`)
2012-10-15 22:55 | SHIO | URL   [ 編集 ]

レポ有難う(^ω^) 

Knobさんアンニョン。

リダの楽しそうな姿が見えるようv-266
アーチストKHJのステージスタイルが出来上がってきている自信が、伝わるステージだったのですね♥
私もその中に居たかったです・・・。

ホントに次回のliveでは、どんなふうに驚かせて、感動させてくれるのでしょう~~~
とても楽しみ♥♥♥

握手の時、Knobさんは、リダになんて声かけたのかな?

気になる~~(笑)

疲れているのに素敵なレポありがと。

2012-10-15 23:01 | tkt | URL   [ 編集 ]

 

knobさん
たびたび、おじゃまします。

またまた、読んで。
リダ、歌にメッセージをたっぷり込めていますね。

“(5人だと)歌っているようで、歌っていない?(笑)”
このことばに、ちょっと胸が詰まりました。

また、あの5人一緒のステージを見たい、でも、溢れるリダの歌に込めた思いは、アイドルの枠の中にはもうもどれないんですね。

みんな大人になって、新しいSS501の姿に、きっととっても素敵なハーモニーが生まれることを、信じています。
そして、リダはリダ、ですね。
2012-10-15 23:28 | Rain | URL   [ 編集 ]

ありがとうございます 

knobさん、お帰りなさい♪
レポ拝見する前にファンカムを見ました。
knobさんの言葉が映像と重なり、本当に臨場感だっぷりで、贅沢な気分を味わえました。本当にありがとうございます。
リダのお手てのぷくぷく感までしっかり伝わりましたo(^-^)o。
いつもはお留守番が悲しくて、羨ましい気持ちで一杯になるのに、今回は本当に温かな気持ちで満たされました。
素敵なレポ、ありがとうございました。
2012-10-16 01:48 | ありす | URL   [ 編集 ]

やっぱり、リダが1番! 

knobさん、こんばんは。

お疲れの中、渾身のレポありがとうございます。
やっぱりknobさんの言葉の力はすごいです。
みんなの脳裏に、knobさんやわたしたちが見て感じたリダが
そのまま映しだされている事と思います。

ロッテファンミーティング、初参加でしたが
その響きからは想像できない素敵なステージ。
忙しい中、準備してくれたROCKなリダは
武道館以上に研ぎ澄まされて
カッコよく、そしておちゃめなナムジャでしたね。

彼のたっての希望で、たった一日だけの彼女でしたが、
それでも当日の彼女への想いはどれも一級品。

これまでの想いまで打ち明けてくれて
より一層身近に感じられました。

そしてこの時間を彼自身がとても大事に、
また楽しんでくれているのがうれしくて、
完全にKnock Outされちゃいました。

やっぱりリダ、あなたがNo.1そしてONLY ONEよ。
これからもどんどん進化していくリダから目が離せません。

そして『リダ風』読者の皆さん!
このあと続くはずの取材旅行記も必見ですよ~

knobさん、チョンチョニにいいので楽しみにしてます。
2012-10-16 02:14 | haru | URL   [ 編集 ]

ありがとうございました! 

完全ファンミレポありがとうございます。
私は参加組ですが、1日だけの彼女としての時間を 全て覚えていたいのにムリでした^^;
knobさんのレポのおかげで、楽しかった時間を思い返すことができます^^
レポ作成はとても大変なことだと思います。ありがとうございました。
2012-10-16 20:49 | ボニー | URL   [ 編集 ]

Re: おかえりなさい。。。 

鍵コメさん、アンニョン。

リダにおみやげをたくさんもらって帰ってきました。
何より、楽しそうに歌う姿が素晴らしかったです。
やりたいことができる喜びが溢れていました。

そして素直に語ってくれたこと。
自信がない、勇気がなかった?
リダの口から聞くとは思ってもいませんでした。
それを自分のチカラで乗り越えたのはすごいです。

皆さんも僕と同じ気持ちでしょう?と言ってくれました。
日本のファンは、変わりなくSS501を応援していることを
リダもよくわかったと思います。
これからの楽しみが増えました。
2012-10-17 02:15 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 初めまして 

mikkoさん、はじめまして。
リダ風へようこそ!

読んでいただければ
リダの口調や態度が想像できると思います。

機会があれば、参加なさってみてくださいね。
幸せになれますから。
2012-10-17 02:18 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 有難うございました! 

lafoneさん、アンニョン。

何度もリダのライブに足を運んでいる方なら
きっと文章からリダの声や様子が想像できると思います。
ああ…って(笑)

今回はロッテファンミという先入観が吹き飛んだ
特別なイベントでした。
武道館イベントの完結編、という感じです。

相変わらずのレポ席だったけど
2000人規模の会場はリアルなリダが感じられる空間でした。

そして、SS501への思い。
ここでリダが歌うとは夢にも思っていなかったので、
驚いたし、うれしかったです。
これからのステージが本当に楽しみです。

リダのソウルメート…いいですね。
これからはこれでいきます。

2012-10-17 13:58 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: お帰りなさい! 

Rainさん、アンニョン。

今回は間違いなく武道館の続きでした。
武道館でできなかったことを、
修正してきましたから。
お互いに足りないところを補い合う関係になれました。
そんなリダの思いをお伝えすることができました。

リダを支える存在に日本人ファンは欠かせないです。
そのひとりになれてよかったです。
2012-10-17 14:26 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 思い出した事☆ 

lafoneさん、そうですね。

リダのソロ活動のスタートに立ち会ったときの
あのこぼれる白い歯のBreak Down…
うれしそうなリダの表情は忘れることができません。
あんなに自信たっぷりに見えたのに
本当は不安でいっぱいだったんですね。
2012-10-17 14:30 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: ありがとうございます 

あんやさん、アンニョン。

忘れられない誕生日になりました。
それでなくても毎年、この時期は大きな発表があるんです。

あんやさんの言うとおり、
武道館でできなかったことを
どうしたらできるようになるか、
リダはちゃんと考えてくれたんですね。
なんだか、とってもすっきりした気持ちになれました。

この次はまたダンスのリダに戻るのかな。
何を見せてくれるのか楽しみですね。
2012-10-17 14:35 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 「勇気がなかった」 

遅咲さん、アンニョン。

リダのイベントに何度も足を運んでいるから
文字から、リダの声が聞こえてくるでしょう?
書いていてもそうですもん。

そしてリダはもう歌わないのかと思っていたSS501の曲。
うれしいサプライズでした。
また聴かせてくれるでしょうから、
すごく楽しみです。
2012-10-17 14:38 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: お帰りなさい(^_-)-☆ 

komaoさん、アンニョン。

今回は当日ホテルで下書きしていたので、
ブログに書き写すだけで済みました。
自分で書いていて判読できない部分もたくさんあるので(笑)
記憶の新しいうちに書いておこうと。

今回はいつもと違うリダでした。
ほんとに肩のチカラが抜けて
リラックスして楽しんでいるリダでした。

こころに残る誕生日プレゼントでした。
2012-10-17 14:44 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: ^-^ 

クッキーさん、アンニョン。

私も皆さんにリダの思いを伝えるお手伝いができてうれしいです。
誰かが伝えなければ、閉ざされた空間だけのものになってしまいますものね。
ツイもたくさん上がってましたね。
皆さんも同じ気持ちだったのでしょう。

すてきな時間をすごせてしあわせでした。
2012-10-17 14:47 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 感動。。(ToT) 

鍵コメさん、アンニョン。

喜んでいただけて嬉しいです。

今回ばかりは、書き取っている私も
途中て手が止まるような内容で、
一言も漏らすまいと必死でした。
大事な部分はお伝えできたと思います。
あの限られた人数だけが知っている…
そんな情報じゃないですものね。

これからのリダの活動がますます楽しみです。
2012-10-17 14:53 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: はじめまして 

にゃあさん、はじめまして。
リダ風へようこそ!

レポを読んでくださってありがとうございます。
リダの言葉を知っていただくことができて、
私も嬉しいです。

また、遊びにいらしてくださいね。
2012-10-17 14:56 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 感謝(T_T) 

鍵コメさん、アンニョン。

今回はロッテのファンミっていう枠を超えた
特別なイベントの気がしました。
リダの思いをお伝えすることができて良かったです。
リダペンさん、みんなに知ってほしくて。

リダの思いがわかったから
待つことも楽しみですね。
2012-10-18 01:05 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: レポをありがとうございます。 

SHIOさん、はじめまして。
リダ風へようこそ!

レポを読んでくださってありがとうございます。
ファンミの様子をお伝えすることができて
私も嬉しいです。

リダ、自分だけでなく
ファンも成長させようと頑張ってますね(笑)
それに応えないとね。
2012-10-18 01:09 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: レポ有難う(^ω^) 

tktさん、アンニョン。

何てリダに言ったかは内緒。
一瞬だから、本当に短い一言。
でも、その分ギュの時間が長かった(笑)

今度はどんな姿をみせてくれるのか
本当に楽しみです。
この次はぜひご一緒に。
2012-10-18 01:12 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

Rainさん、何度もありがとうございます。

メンバのソロ活動は寂しくて、仕方がなかったけれど、
彼らの決めたことは間違っていなかったんですね。
それぞれ不安をかかえながら、努力して成長して。
素晴らしいひとりひとりが
いつかSS501の名のもとに集まる…
約束は叶うはずです。
そして、それをいちばん望んでいることを伝えられたのは
日本のTrepleだったんですね。
日本で活動してくれたおかげです。
2012-10-18 01:20 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: やっぱり、リダが1番! 

マンネharuさん、アンニョン。

haruさん、これはロッテファンミの枠を超えてます。
リダ・オン・ステージでした。
なんてラッキー!

リダがすごく楽しんでいたのが感じられて
客席もあったかかったですね。
武道館の不安も吹き飛ばすようなリダの心遣い。
リダのファンでよかった、って思いました。

毎日登場お疲れさまです(笑)
今回はharuさんナビにお世話になりっぱなしでしたね。
ありがとうございました。
楽しい旅をご一緒できて良かったです。
2012-10-18 01:27 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: ありがとうございました! 

ボニーさん、アンニョン。

参加なさってたんですね。
よかったですね。
書き取らなければ、私も「よかった」で終わっちゃいます。
リダの言葉を忘れたくないのでレポするんですよ。
お役に立てて良かったです。
2012-10-18 01:30 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: ありがとうございます 

ありすさん、アンニョン。

今回のファンミは、リダが仕切った印象が強いです。
歌えないなら、歌えるようにしなきゃ、って
リダが工夫してくれました。

流れるような握手ではわからなかった、ぷくぷく(笑)
以前にも両手でギュはやってもらったんですけど、
今回はなぜかしっかり感触が残ってくれました。
2012-10-18 01:38 | knob | URL   [ 編集 ]

プロフィール

knob 노부

Author:knob 노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

「おかえりなさい リダ」の日
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR