もっともっと歌おう!ASIAスター☆ポップス~SS501インタビュー

ASIA STAR POPS #5

花粉症のみなさま、いかがお過ごしですか?
世の中は桜の花の開花を喜んでいるのに、あまり嬉しくないきょうこの頃。
ピークには薬が効かず、情けない姿です。
化粧直しもあきらめて、マスクでカムフラージュする毎日。
今頃ファンミがなくて、よかったわぁ。

こんな日は必要最小限の外出に留めて、静かに過ごすに限ります。
なので、久しぶりにタイピング。過去雑誌掲載記事をアップすることにしました。
ロングインタビューなので一部抜粋です。

ぴあMOOKの音楽雑誌です。
韓国人アーティストのインタビューと人気57曲の歌詞を掲載。
韓国アイドルの歴史なんていう記事もあって、参考文献としても使える本です。
特別協力:第一興商
2009年4月10日発行 


ASIA STAR POPS #1

「ソロ活動を経て成長した僕たちの雄姿をみてください」リーダー

デビュー以来、メンバーたちの個性的なキャラクターと、完成度の高い音楽性で、トップアイドルの座を維持しているSS501。
 2008年には、音楽という枠を超え、俳優やMCなど、様々な分野に活動の場を拡大。マルチ・アイドルグループとして、認識されるようになった。
 リーダーのヒョンジュンは、人気バラエティ『私たち結婚しました』にレギュラー出演。下半期には、アジア全域の注目の的、韓国版『花より男子』で花沢類(韓国版ではユン・ジフ)役に大抜擢!本格的な演技の道を歩みだした。
 またジョンミンは、名作『グリース』でミユージカルに初挑戦。ヨンセン・キュジョン・ヒョンジュン(末っ子)はスペシャル・ユニットを結成し、新たな音楽世界を模索した。
 さらに、2007年から本格的にスタートした日本での活動は2008年も順風満帆。3月には第22回日本ゴールドディスク大賞ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー ザ・ベスト10ニューアーティスト賞も受賞。人気が全国区に広がったことを証明した。6月には3ndシングル『LUCKY DAYS』でオリコン最高4位を獲得。7月にはライブツアーを、12月には初のクリスマス・ショーを開催するなど、日本でも大活躍だった。
 そんな彼らが5ヶ月ぶりに来日。2008年を振り返ってもらうとともに、カラオケライフについて語ってもらった。(雑誌編集特別協力 第一興商です。knob注)

―まず、SS501のみなさんにとって2008年はどんな1年だったのか、教えてください。

ヨンセン:嵐のように目まぐるしく過ぎた1年でした。下半期には、スペシャルユニット、SS501の活動も始まり、作詞や作曲に挑戦するなど、忙しい1年でした。

キュジョン:ひと言で言えば“進化”の年。ジョンミンくんのミュージカル挑戦、リーダーのバラエティー進出、僕とヨンセンくんとヒョンジュン(末っ子)のプロジェクトなど、それぞれが進化した年になりました。

ジョンミン:僕にとっては、ミュージカルに挑戦する機会を得た“GOOD CHANCE”の年でした。

ヒョンジュン:気持ちの面で、新たなスタートを切った年。21歳になって、大人であることを強く意識し、行動するようになった年でした。


ASIA STAR POPS #2

―リーダーは、去年『私たち結婚しました』で独特の亭主関白キャラを発揮し、人気を博しましたね。
リーダー:新しい試みの番組だったので、撮影も新鮮で楽しかったですね。リアルバラエティーなので、僕の素顔がばれてしまうのではないかと心配しましたが、僕自身をアップグレードさせる良い機会だったと思います。

―ソロ活動に不安はありませんでしたか?
リーダー:不安というよりも、全員で集まる時間があまりとれなかったことを、寂しく思う時期もありました。でもソロ活動を経て、個々が力をつけ、再び集まったとき、SS501は、今までより大きなパワーを持つと信じているので、頑張れます。

―現在、韓国版ドラマ『花より男子』の撮影真っ最中ですね。韓国では視聴率が30%を突破する、一大ブームになっています。
リーダー:もともと韓国でも人気のあるマンガが原作だったので、ある程度話題になることは予想していました。制作の話が出る前から、インターネット上で『韓国版F4を選ぼう!』というイベントもやっていましたし。でもここまで大きなイシュー(関心)となるとは、想像していませんでしたね。僕たち俳優にとっては、心地良いプレッシャーです。

―撮影の雰囲気はどうですか?
リーダー:僕は人見知りなので、始めはぎこちなかったのですが、F4のみんなも、クム・ジャンディ役のク・ヘソンさんも同年代なので、わいわいと楽しく撮影ができています。撮影の合間は、まるで学校の放課後のようなにぎやかさです。

―日本版の“花男”もご覧になりましたか?
リーダー:もちろんですよ。ドラマもマンガも見ましたし、台湾で放映された『流星花園』も全部見ました。韓国ではよく、小栗旬さんと比べられますが、自分自身は特に意識していません。僕が感じ取ったユン・ジフをそのまま表現できればいいと考えています。

―ユン・ジフの魅力は?
リーダー:ジフはクールだけど本当は心の温かい魅力的な男。その温かさがにじみ出る演技に気を配っています。

―日本でも4月から放映が始まります。放映を待ち望んでいるファンも多いんですよ。
リーダー:ありがとうございます。日本や台湾のドラマに負けないくらい、良い出来栄えなので期待してください。先入観を持たないで、新しいドラマを観る感覚で見てもらえたらうれしいですね。また、挿入歌『僕の頭が悪いから』は、SS501のスペシャル・ユニットが歌っている曲。そちらにも注目していただけたらと思います。

ASIA STAR POPS #3

―ヨンセンさん、キュジョンさん、ヒョンジュン(末っ子)さんは、11月にスペシャル・ユニットとしてCDを発売しました。3人でのステージ・パフォーマンスに不安はありませんでしたか?
ヒョンジュン:もちろんありました。いつもは5人で舞台に立っているので、3人になると舞台のスペースを使い切らなくて、がらんとした印象を与えるんじゃないかという不安ですね。でも、実際にやってみると、そんな不安には及びませんでした。僕の存在感の大きさかな(笑)

ヨンセン:ダンサーの数が増えたからじゃない?

―今回の3人のプロジェクトで学んだことを挙げると?
ヨンセン:リーダーシップの取り方と責任感。僕は、3人の中でいちばん年上なので、今回のスペシャル・ユニットでのリーダーを任されたんです。普段はリーダー(ヒョンジュン)に頼りっきりだったので、リーダーの大変さがよくわかりましたね。

ヒョンジュン:もっと深く音楽制作というものを知りたくなりました。ソロ活動にも欲が出てきましたね。

キュジョン:僕も、いつか音楽プロデューサーという立場になれたら…という目標ができました。そのためにも今後はもっと積極的に音楽に関する造詣を深めていきたいと思います。

―本誌はアジアPOPSをカラオケで歌うための、いわば練習本なのですが、みなさんはカラオケによく行きますか?
キュジョン:最近は行きませんけど、学生時代はほとんど毎日行ってましたね。韓国って、学生時代の遊びってあんまりないんですよ。カラオケに行くことくらいしかなくて。1~2時間は基本です。歌うのはほとんど流行歌、当時は、流行っていた歌ならなんでも歌えました。

ヨンセン:僕も学校の友達と、だいたい毎日通っていたなぁ。バラード中心にそのとき流行っている歌を歌っていました。

ジョンミン:僕の場合、韓国にいるときはあまりカラオケに行く機会がなかったのですが、日本滞在中によく行きましたね。J-POPも得意ですよ。

ヒョンジュン:僕は、学生時代6時間耐久カラオケに挑戦したことがあります!

―6時間!? 体力も使いそうだし、料金もかさみそう…
ヒョンジュン:韓国には、サービスタイムというのがあって、1時間の値段で大体20~30分くらいはサービスしてくれるんです。2時間サービスしてもらったことも。6時間歌ったときは、そのうち3時間がサービスタイムでした。

キュジョン:サービスは当然。どこでもやっていますよ。だからお客さんはみんな、できるだけサービス時間をもらおうと思って頭を使うんです。

ヨンセン:お店の人に愛嬌を振りまいて、可愛く“サービスたくさんください♪”って言うとか。

リーダー:時間帯も重要なカギですね。お客さんの少ない時間帯を見計らっていくと、たくさんサービスをしてくれます。常連になるのが一番早いけど。

ヨンセン:確かに。僕の場合、学生時代、常連だったカラオケ屋さんがあったんですけど、そこに行くと、いつも時間だけじゃなく、ジュースまでサービスしてくれました。カラオケ屋さんが、僕を歌手に育ててくれたといっても過言ではないと思います。

ジョンミン:それは言いすぎじゃ?(笑)

―リーダーの思いでに残るカラオケ・エピソードといえば?
リーダー:去年のヨンセンくんの誕生日会かな。ダンサーさんや関係者の方々50名くらいが集まって、みんなでハジけまくったのですが、すっごく楽しかったです!

ヨンセン:僕は、人も大勢いるし、朝まで歌って踊って疲れちゃった…

ジョンミン:みんなヨンセンのために集まってくれたのに、ヨンセンが疲れちゃだめでしょう?(笑)

―朝までコースとは、ハードですね。次の日、喉は大丈夫でしたか?
ヨンセン:なんとか…収録があったのですが、冷たい水を飲みながら頑張りました。

―冷たい水?
ヨンセン:冷たいものを飲むと、声のハリがよくなるんです。

―知りませんでした。他にもいい声を出すためのポイントってあるんですか?
ヨンセン:本気で歌うなら、カラオケ前にお酒を飲むのは論外。あと、ジュースも口に残ってしまうのでよくありません。冷水が一番。僕はレコーディングのときも、ブースに必ず冷水を用意しています。

ヒョンジュン:僕は逆に温かいものを飲むと調子がいいんだけど…?

キュジョン:牛乳がいいっていうのはただの噂なのかな?

ヨンセン:牛乳は声帯の保護にいいと言われているよ。でもハリのある声を出すには、やっぱり冷たい水がベストなんだ。

リーダー:お~。さすがメイン・ボーカル!なんかプロっぽい~。

キュジョン:リーダーもプロでしょ!(全員、苦笑)

ASIA STAR POPS #4

―『DEJA VU』のワンポイント・アドバイスを。
ヒョンジュン:この曲の一番の特徴的な部分は、Aフレーズのドゥブドゥブドゥブドゥブというところです。

リーダー:ディヴディヴ~に近くない?

キュジョン:ドゥルドゥルドゥルでしょ。

ジョンミン:…ツッコむところが違うから!そこはボーカル部分じゃなくて伴奏。関係ないでしょう?

ヒョンジュン:でも、その部分が一番耳に残るでしょう?だから、まず、そこは外せない。歌うポイントとしては…まず、僕のラップ部分。ささやくようなか細い声で歌うと、曲にメリハリがついて、かっこよく決まります。そしてサビの部分は、1フレーズずつ歯切れ良く、威圧感のある歌い方をすると良いですよ。オーディエンスの方々は…ドゥブドゥブドゥブの部分を一生懸命元気よく歌ってください。

リーダー:僕のラップ部分は、呪文を唱えるように、淡々と“しゃべる”のがポイント。僕もときどき噛むので、失敗しても気にしないで頑張ってほしいです!

ヨンセン:『LUCKY DAYS』はみんなで合唱してほしい曲。歌詞を聴くだけでハッピーな気持ちになれるので、元気のない友達がいたら、歌ってあげてほしいですね。

キュジョン:この曲のダンスはキュートで、覚えやすいので、PVで振り付けをチェックして、踊りながら歌うと、盛り上がるじゃないかな。サビの“ラッキーデ~イズ”の部分で、両手を思いっきり開いてピョンピョン跳ねるとかわいいと思います。

ジョンミン:あの~僕のオススメ曲『君を歌う歌』のポイントも話していいですか?この曲もカラオケで盛り上がるには、最高の曲なんですよ。

―(笑)どうぞどうぞ、お願いします。
ジョンミン:ありがとうございます!まず、歌う人は自分の番が来たら、“ノルブノ歌います~”と掛け声をかけてください。ちなみにノルブノは、韓国語の『君を歌う歌』を省略した言葉です。愛を伝える歌なので、好きな人と一緒にいるときに歌うといいかな。サビの部分では、ララララ~というメロディのあと、みんなで“HEY!”と合いの手を入れてあげると、歌う人も気持ちよく歌えます。

―楽しい解説をありがとうございました。ノルブノを含めた3曲の他に、みなさんのオススメの曲はありますか?
キュジョン:『警告』。僕たちのデビュー曲なので思い入れが強いから。あとは、われらが『U R MAN』!

リーダー:僕のソロ曲『コマプタ』です

ASIA STAR POPS #6

―最後に、2009年のみなさんの予定や目標について聞かせていただけますか?
キュジョン:2009年は2ndアルバムの発売が予定されています。5人が久しぶりに集まって作るので、僕たちもたのしみですし、ファンのみなさんにも期待していただきたいです。また、アジア・ツアーも予定されています。日本のみなさんにもたくさん会える機会がありそうです。

リーダー:僕は韓国版ドラマ『花より男子』の撮影で上半期は忙しそうです。今年の目標は、唐突ですが、サッカーチームを作ること。ヒョンジュンくんがすでにサッカーチームを持っているのですが、そこには入りたくないので、自分で作って、ヒョンジュンくんのチームと戦って勝ちたいです!

ヒョンジュン:個人的な目標でいいなら、ラジオのDJに挑戦してみたいです。

キュジョン:僕はファッションショーに出演してみたいです。理由はなんとなく…

ヨンセン:じゃあ僕は、ドラマ・サントラのメイン曲を歌ってみたい。もちろんソロで。みんないらない~(笑)

ジョンミン:今度DSPから女性グループがデビューするのですが、そのデビューアルバムに僕が作詞した曲が収録されているので、その曲がヒットして、夢の印税生活するのが僕の目標!みなさんがカラオケで歌ってくれれば、僕の夢は叶います。あっ、日本のカラオケには入らないか。

キュジョン:個人的な目標はいいから、次はSS501としての目標を話そうよ。

リーダー:メンバー全員で、外国の海に旅行する。

ジョンミン:天国に近い島って言われているところに行ってみたい。どこだっけ?

リーダー:ニューカレドニアのこと?あそこは『花より男子』の撮影で行ったから、もういいよ。違うところへ行こう!

ヨンセン:済州島でもいいから、実現したいね。

キュジョン:もう~。プライベートなことじゃなくて…。仕事の目標はないの?

ヒョンジュン:キュジョンくんは相変わらず真面目だなぁ。SS501の2009年の目標は、去年よりアップグレードした姿をみなさんにお見せすること。ソロ活動やプロジェクト活動を通じて、メンバー全員がパワーアップしたと思うので、その力を持ち合って、より存在感のあるSS501を作り上げることです。

リーダー:今年も頑張ろう!応援よろしくお願いします!



この頃のリダは、花男の撮影でかわいそうなくらいやつれちゃってます。
これも親戚の方?別人のようです。

2009年の目標も叶っているし。
何だか、現在の彼らのことを言っているんじゃないかと錯覚に陥る部分もありますね。




関連記事
2013-03-17(Sun)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-03-17 05:59 |  |    [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-03-17 10:10 |  |    [ 編集 ]

Re: はじめまして祭り。。。 

鍵コメさん、アンニョン。

リダが潜っていると、タイムマシンに乗って行きます。
自分で抱えていて、読んでいないもの、観ていないものがあるし(汗)
でも、現実のインパクトが強すぎると余韻に浸っていて戻れない時もあります。

初めてのドラマの世界でほんとに痩せちゃって。
痛々しいくらい。
だから、いちばんリダらしい写真をトップにもっていきました。

お誕生日が楽しい頃…いいですね。
プレゼントは何かしら?
おめでとうございます。

宿舎にも当然カラオケがありましたね。
ファンミで歌ってくれる曲も日頃、カラオケで歌い慣れた曲なんでしょうね。
2013-03-17 14:40 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 私もです. 

鍵コメさん、アンニョン。

洗濯物は以前は室内干ししていたのですが、今は外。
たたむ時にマスク着用(笑)
布団は…考えただけでも恐ろしい!
いい季節なのにね…。
あとひと息ですね、頑張りましょう。

年明けから忙しい毎日。
事情が許さず今まで地方は見送ってきましたが…
休みたいけど、寂しくなっちゃいますね、きっと。
2013-03-17 15:05 | knob | URL   [ 編集 ]

会えて嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ 

あぁ…2009年♡ はぁ〜\(//∇//)\

今晩は☆彡いつもありがとうございます!
今朝、読みかけて仕事に行く時間になって…泣く泣く閉じてヽ(;▽;)ノ
SS501〜知らなかったなぁ…その時は。花男も見てたのになぁ…きれいな子だなって感じで、リダの事。で、スルー…なんで、私 (~_~;)?
って言い出したらキリがないのですが…

でも、でも聞いて下さいますか!私の初SS♡
いつだったか、2007?関西ローカル番組のちちんぷいぷいで、たこ焼き食べてるSS達の記憶…微かに残ってるんです。
あ〜あの時の⁈と一致した時は衝撃でした^^;

こうして、いろんな時代のSS達に会わせてもらって、言葉を知り…自分の過去とリンクしていく〜。今までは残念がってばかりだったけど、最近は楽しく嬉しい気持ちに♡

いつも本当にありがとうございます(^-^)
今のリダに、SS達に会えてる!
間に合ったんですね!私も( ´ ▽ ` )ノ
2013-03-17 22:22 | YU&CO | URL   [ 編集 ]

ディナーショーの日 

これを取材したのはディナーショーの日だから
海外ロケが終わって、国内での撮影が本格的に始まった頃だったんです

やつれちゃったけど
ディナーショーのリダは最高に素敵だったよ♥
ただ・・トークのコーナーでは
〝立ったまま寝てる?〟みたいにボ~っとしてて
マイク落としちゃったり
プレゼントの抽選で引いた座席番号を、また箱の中に戻しちゃったり(笑)
〝やらかしちゃうリダ〟も沢山見せてくれました^^;
2013-03-17 22:27 | musashi | URL   [ 編集 ]

Re: 会えて嬉しいです( ´ ▽ ` )ノ 

YU&COさん、アンニョン。

お仕事お疲れさまでした。
過去インタビュー掲載記事ってどうしても長くなっちゃうんですよね。
だから、最近できてなかったし。
久しぶりにポチポチしてみました。

ちちんぷいぷい、先輩ペンさんに聞いたことがあります。
記憶がつながったんですね~すごい。
長~いサブリミナル効果ですね。
私なんて韓流にすら興味がなかったんですから。

こうやって自分の空白の期間を埋めているわけです。
基本的に彼らはブレてないから、インタビューの内容は変わらないんですけど。

間に合ってますよ、十分に。
出会った時が、その時なんですよ、きっと。
2013-03-17 22:49 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: ディナーショーの日 

musashiさん、ふたたび。

エピソードのご披露ありがとうございます。

ニューカレドニアの撮影のあと、
マカオで徹夜の撮影やら風邪をひいちゃったり大変だった時ですね。
そして、1stディナーショーの2日後に花男の制作発表会。
つながりました~。

リアルなリダのレポ、いいなぁ。
皆さんあたたかく見守っていたんですね。
キャンドルサービスのリダの画像ってほんとにキレイですもんね。
まだ、華奢な感じで。

また、機会がありましたらお話聞かせてくださいませ。
お待ちしております。
2013-03-17 23:05 | knob | URL   [ 編集 ]

プロフィール

knob 노부

Author:knob 노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

「おかえりなさい リダ」の日
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR