2015 KYU JONG   Fall In L♡ve with KYU 2部 レポ

SS501 saitama s.a 10-04-25#52

日曜日の午後は渋谷さくらホールへ。
正直言ってこんなに充実した時間を過ごすとは思いませんでした。
何の心配もなく、心から楽しめることがこんなにうれしいということを思い出させてくれたステージでした。

今回はライブイベントという今までにないカテゴリです。
その中でギュッピのステージングは素晴らしいものでしたし、客席もその内容に充分満足したと思います。
だってギュッピひとりで二度も、三度も、何度も、5人分のステージを楽しめたんですから。
今回こそさっくり感想文で済まそうと思ったのですが、ギュッピがそうさせてくれませんでした。
セットリストをご覧になったら驚くと思います。
ギュッピは忙しい中、たくさん用意してくれたんです。

トップの画像のリダも登場したんですよ!


2015.9.13 ギュ#1

左側にキーボードが見えるでしょう?今回はこれが重要な役割を果たしてくれました。
そしてそれが素晴らしく心に残るパフォーマンスだったんです。

18:10
キーボードが”ホシゾラ”の演奏を始めます。
スクリーンにまたたく満天の星。
そして徐々にイベントのタイトルが現れました…

①ホシゾラ

②Confession(下手な告白)


2015.9.13#5


襟を白でトリミングしたネイビーのジャケットとインナーは白のシャツ。
黒の光沢のある素材のパンツとピカピカの黒の靴。


(日)SS501のキラキラ光るキュジョンです。キュジョンでーす。
きょうは公演に来てくださってありがとうございます。

動きがいちいち可愛いギュッピです。
客席へ向ける表情も豊かだし、幼い子のように両手をおろして立ってみたり。
ステージも右へ、左へ。
そして何よりもギュッピ本人がとても楽しそうでした。

KYU:(日)次の曲は一緒に歌ってくれないと完成が(本人が言ったまま)しないです。

(♪I wanna get ya' luv と客席と掛け合いの練習をします)

(日)完璧です。

③Get Ya' Luv


KYU:きょうは念のためにMCと通訳さんを用意しました。
MC:みんしるさん、通訳:根本理恵さん、ピアノ:パク・スヒョンさん

ステージに左からMC ギュッピ、根本さんが椅子に座ります。
トークのコーナーと思いきや、話の途中に歌をはさんで進行するという新方式。
ピアノで歌う曲もアレンジされていて素晴らしく(フルではありませんでしたが)ピアノバージョンでCDを出しませんか?という意見が出るほど。

KYU:昼いっぱい汗をかいたので、夜はありません。
ステージに上がる直前はドキドキしましたが、ステージから皆さんを見ると安心します。

KYU:(笑い方や仕草が可愛いと言われて)きょうから僕が”可愛い”担当になりました。(可愛いポーズできめる)
ジョンミンとどっちがセクシー担当になるか競争しましたが、かないませんでした。
この夏は日本でソロデビューシングルが出るうれしいことがありました。いい結果も出ました。
たくさん愛してくれてありがとうございます。
ドラマの撮影もしました。
一回目が終わって精神がどこかへ行った感じです。

早口でたくさん話しながら、MCや会場の声に反応して可愛くリアクションしてくれるギュッピです。

KYU:日本で初めてシングルでソロデビューしました。
「愛を描く」 楽しく見て聴いてほしいです。
皆さん、誤解しないでください。牛丼のKYUではないですよ。
僕は牛丼にはまってますが。
「愛を描く」で愛を描いてみたので、次は恋に落ちてみたいと思っています。

MC:皆さんはキュジョンさんのどんなところが好きですか?

会場からたくさん声がかかりました。
「全部!」と言った最前列の方と握手するギュッピ。

MC:これが模範解答ですね。

KYU:ピアノのアレンジをしたら、元々の曲の意味を考えるようになって、涙したこともありました。


④警告

始めは?だった会場も曲がわかると歓声があがります。
ピアノバージョンは素敵でしたよ。
10周年とは口にしなかったけど、そんな思いから初めにこの曲を選んだのかな、と思いました。


⑤Love Ya

そして、SS501活動停止前の最後の曲でした。
5人の姿が見えるようです…

KYU:まず警告は2005年まさにデビュー曲です。当時新人ですから一生懸命踊ってましたし、僕のパートまで2分30秒なので改めて僕のパートはすごくいいと思いました。
当時はそんなに考える暇がなかったんですけれど、(ゼイゼイしながら当時の様子を再現するギュッピ。会場からは大きな拍手)僕が苦労しているときにメンバーは…(背中を向けるバージョンになり、振り返るバージョンになるとゼイゼイしている)
息が切れてますので、メンバは後ろを向いて休んでいたんですね。


⑥僕の頭が悪くて

KYU:僕は頭が悪くて日本語がまだまだ出ないんです。なんでこんなに記憶力が悪いんだろう。
正直言いますと意外でして、SS501は強烈は歌を歌っていたので、バラードも強い感じだったんです。
最初はイントロのオルゴールの音に、3人で「ん?」ってなったんですが、ドラマを見た時はああこの曲はこんな風になるんだ、すごくいい曲なんだと思いました。
UR Man、ネモリは、メンバが「?」と言った曲がみんなに愛されたんですね。
他の曲は僕たちのコンセプトに合っていたのですが、この2曲は僕たちのカラーと違っていました。そんな曲だからこそ振り付けや衣装などでどんどん手を加えていい曲になったんです。


⑦Yesterday

KYU:韓国でソロデビューした時の、一生忘れられない曲です。
初めてって忘れられないものです。

音楽番組にひとりで立った時、すごく緊張しました。
メンバが見てると思うともっと緊張しました。
でも先にソロデビューしたメンバがアドバイスしてくれて本当にありがたかったです。
ソロデビューはメンバの最後だったので、メンバが力をくれました。
頑張って、頑張らないとね。


⑧君の日々に…

KYU:これは「SOS私を助けて」というドラマのOSTです。原作は日本の「ストロベリーオンザショートケーキ」という作品です。
皆さんの前で歌うのは(1部で歌ったから)2回目です。
DATVで放送されます。
演技は大好きで、難しくて悩むんですが、それも魅力です。

僕は悩みがあるんです。
カッコいいのができないんです。
たとえばヒョンジュン兄さんのように僕はできないので練習をしてみたんです。
髪が下りて(前髪をおろして吹き出す)目を見る時は少しぼんやりした目で見るんですね。

ギュッピがリダのものまねをしてくれるとは思いませんでした。
思わず身を乗り出して見てしまいました。
ギュッピがやって見せてくれたリダは最高でした。
リダになりきってたたずむ姿に会場は大爆笑です。

KYU:なので、それぞれ似合う役があります。
次はカッコいい役もやってみましょう。

ミュージカルは「宮(クン)」をやって以来久しぶりです。
「宮」は日本から、アジアから、もちろん韓国からも見に来てくださって、力をもらいました。
今回のミュージカル「愛は雨に乗って」はとても難しいミュージカルなんです。
韓国語でも難しいんです。日本の方には難しかったと思います。


⑨Jazzyなピアノ演奏

KYU:ミュージカルでピアノを弾いたんですね。
(指の運動してピアノの前に座るギュッピ)
本当に忘れられません。
正直言って僕は楽譜が読めないんです。
ピアノのパク・スヒョンさんはミュージカルのピアノを教えてくれた先生です。

先生がピアノのそばへ行きレッスン風景を再現。
1フレーズ先生が弾くと、ギュッピがまねて弾きます。

KYU:(1フレーズを)3日やりました。
こんな風にやったので忘れません。
先生がピアノの椅子に長く座った人が勝利すると言ったので頑張りました。
ミュージカルのステージの最後にピアノのシーンがあるんです。
ピアノに向かって歩きながら、弾けなかったらどうしよう、忘れたらどうしよう…って歩きました。


⑩ミュージカル「愛は雨に乗って」より

演技を再現しながら歌ってくれました。
はじめに舞台奥のカーテンの陰に隠れて。
最後は根本さんに駆け寄り終わって。

KYU:演技に没頭していました。
僕もまたやりたいと思っています。機会があれば「宮」のように、日本でもやりたいです。
こんな風に皆さんがみつめてくれてありがたいです。
恥ずかしい。

KYU:大好きなSS501の歌です。日本で歌った曲。
(ふたたびリダのマネ。会場をみつめたまま歌ってくれない)
昼の公演で目頭があつくなりました。

SS501 saitama s.a 10-04-25#86


⑪Be a Star

スクリーンに2010年4月25日さいたまスーパーアリーナで行われたコンサートの映像が映し出されます。
この曲を最後に歌ったのは日本でした。
SS501メンバー全員が映り、リダのアップも♪
ステージにはギュッピ以外のメンバのお面をつけたダンサーさんが登場、5人でダンスをしながら歌います。
体操のお兄さんもやってくれましたよ。
懐かしくてうれしくて、楽しい時間でした。
最後は5人手をつなぎ「こんにちはSS501でーす!」

会場が笑顔であふれたところで、セルカで記念撮影。
1枚目はSS501風のメンバも一緒に。
2枚目はギュッピひとりで。

最後にギュッピがのひと言…

KYU:みんなに会いたい…

ギュッピはメンバが大好きなんですね。
きっとメンバもそうですね。


KYU:次の曲は初めて日本で作詞作曲した曲です。
今まで皆さんからいただいた愛のお返しとして、まごころをこめて歌いたいです。

⑪君へ~僕らのストーリー

日本語の歌詞がスクリーンの流れ、ギュッピのメッセージが伝わります。
そして、ギュッピの目にも涙…

KYU:泣いちゃった。自分に負けちゃいました。

いつもと違うバージョンで曲を伝えたり、エピソードも詰め込んでみました。
本当に今回は悩みました。
どんな公演にしたらいいんだろうかと。
残念なのはそれぞれの曲が短かったことです。
次に歌う時は一方的に僕が歌って行きます。
僕との会話は考えないでくださいね。


ここからはいつもの歌のステージです。
「おみじゅ」を飲みながらのトーク。

KYU:次の曲は「愛を描く」です。
韓国バージョンが出ることになりました。

⑫愛を描く

始めは韓国語、途中から日本語で歌ってくれました。

ギュッピがはけると、スクリーンに「愛を描く」のMVが流れました。


衣装替えして登場です。ジャケットの襟と、パンツのサイドにラインストーンが付いた黒のスーツで登場です。
フルの音源とダンサーさんを従えて。

⑬Yesterday

ギュッピはサスペンダーがなかったけれど、6人のダンサーさんがサスペンダーダンスを披露。


⑭Wuss Up

ちゃんと飛んでくれましたよ!

KYU:皆さん、楽しんでますかぁ。
(よろけながら、ゼーゼーしてるギュッピ)
皆さんはバラードとダンス曲どっちが好きですか?
(会場が「ダンス~!」と答えると)
僕はバラードがいいです!


⑮Deja Vu

イントロが流れたたもう大興奮です。
きゃあきゃあ叫んじゃいました。


⑯UR Man

上着半脱ぎ振り付けに会場が沸きます。
くるくるぱぁの振り付けも健在でした。


⑰Love Like This

キレキレのダンスメドレーは最高でした!

KYU:(疲れた顔で)さっき汗が出ないって言ったのは取り消します。
(日)すいません。
久しぶりですよね、はぁー。
皆さんが僕と一緒に楽しんでくださって、大変だったことも吹っ飛びました。
明日イベントがありますよね?
ひとりで活動するのは寂しいと思うんですけど、皆さんがいるから日本での活動は寂しくないです。
ありがとうございます。

日本で豪雨の知らせを受けて心配しています。
力を合わせて乗り越えられるといいです。
大きな地震もありました。地震も食い止められたらいいんですけど。
いいことを考えて行けるといいです。

ホントに最後の曲です。
すいません。
最後の曲も一緒に歌ってください。

⑱Summer Love

いったんはける…


ダンサーさんがワゴンにケーキを載せて運んできました。
スクリーンには「1st MINI LIVE Congratulations!」

KYU:日本デビューおめでとう!

お面をつけたダンサーさんがマンネらしくケーキに手を出したら、ギュッピは「ジョンミンが叱らないといけないです」って言ってました。ギュッピもクリームをなめてました。

深々と頭を下げるギュッピ。
ここで歌ったのは入隊前に韓国のペンたちと録音した曲。
ギュッピのファンソングですね。

⑱コマウォ(고마워 ありがとう)



アンコールメドレー
懐かしいSS501の曲が並びます。

⑲Kokoro

⑳Distance~君とのキョリ

㉑Lucky Days


KYU:ありがとうございました。

ふたたび深くお辞儀をしてはけていったギュッピ。
会場にはいつまでもアンコールの声が響いていました。

20:15終演


2015.9.13 ギュ#3

心の底から楽しんだ2時間余でした。

ミュージカルで鍛えたせいでしょうか、ステージでは余裕さえ感じるような自然な姿を見せてくれました。
途中、客席にも降りて、ファンとのキョリを縮めようとしてくれていましたし。

何よりギュッピってこんなに声が出る人だったっけ?と思うくらい声が前に出ていました。
すごく上手くなっていたと思います。
上からじゃなくて、素直な感想です。


ギュッピ、お疲れさまでした。
楽しい時間をありがとう。


2015.9.13 ギュ#4


2015.9.13#6




関連記事
2015-09-14(Mon)
 

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-09-14 04:30 |  |    [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-09-14 07:16 |  |    [ 編集 ]

私も 

おはようございます。
そしてご無沙汰してます。
私は昼の部に参戦しました。
リダで知り合った東京の友達からチケットが余っているのでどうかなって?
お母様がキュのファンでみんなで取れてということなので!!
最初ホシゾラで幕張思い出して涙がでてきました。
後半私の好きなSSの曲がいくつかあってとても楽しかったです。
2015-09-14 07:20 | shepamama | URL   [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-09-14 08:01 |  |    [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-09-14 20:37 |  |    [ 編集 ]

あんにょん 

ピアノアレンジされた曲すごくいいですね
ここにおじゃましてから アップされているのを見ました  knobさんの言葉どおりだ~~って
大人の雰囲気で ギュの歌になってるところがすごい♡
アップされてるのを数曲聴いて 今までの声じゃない、歌い方じゃない、♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦
大阪絶対来てね~って思いました 曲を作って行って 練習して 頑張ってるギュの姿が嬉しい~~  全部聴きた~~~い

今回はりだだってすぐにわかりましたよ はじめの写真(笑)
2015-09-14 22:58 | つー | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

鍵コメさん、アンニョン。

楽しかったです。
期待をはるかに上回る素晴らしい空間でした。
ピアノで歌ってエピソードをつないでいくステージがとてもよかったです。

ギュッピはたくさん話す人だから、とてもすべて書き取ることは難しくて。
自分も楽しみたかったから、ほどほどに。
それでも寝不足の朝になりました。
でも余韻をまだ楽しんでいる私です。

こうやって5人の活動を懐かしむことができるのも、それはそれでいいかな。
ケンカしたわけじゃないから。
いい想い出だし、いい友達だし。
いつかギュッピに会いに行ってくださいね。
2015-09-14 23:37 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

鍵コメさん、アンニョン。

記事にも書きましたが、ギュッピの歌に驚いたんです。
ミュージカルのステージが成長させてくれたんだな、って思いました。
毎回勝負のステージを務めたからこその余裕なんだと。

心配事がないっていいですね。
もう、どこにも行かない。
ファンも心配しない。
一緒の空間を心ゆくまで楽しめました。

5人の歌が多かったから、リダの声が聴こえてきました。
でもひたすら楽しんだから、私は全然泣きませんでした。
今のことも忘れていました。
ただ、そこには懐かしいリダがいただけ。

リダとセットじゃ可哀想ですよ(笑)
ギュッピがいるからSS501のバランスが保たれていたんですから。
また、行けるといいですね。
迷わず駆けつけます。
2015-09-14 23:46 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: 私も 

shepamamaさん、アンニョン。

昼の部へいらしたんですね。
彼らにとっても”ホシゾラ”は特別な意味を持つ歌なのでしょうね。
オープンニングで心つかまれちゃった方も多いでしょうね。
心から楽しめたステージでした。
2015-09-14 23:52 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: おはようございます!! 

鍵コメさん、アンニョン。

監修、又は校正、もしくは赤ペン先生ありがとうございました。
さっそく何食わぬ顔で修正いたしました。
そう、進化する記事なんですよぉ(笑)
2015-09-14 23:54 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: ふたたび 

鍵コメさん、アンニョン。

いい時間をすごせてよかったですね。
あらゆることをやりくりして駆けつけるその愛に乾杯!
かわいいギュッピにも会えたんですね♪
よかったです。

日本のスタッフさんも待っていてくれるんですね。
みんな好きになっちゃいますよね。
このタワレコのスタンス、すごくいいんですけど。

ズブズブ落ちているんですね…
しあわせなズブズブですね…
私も頭のてっぺんまでリダにまみれたいわ…
ズブズブ…(笑)
2015-09-15 00:08 | knob | URL   [ 編集 ]

Re: あんにょん 

つーさん、アンニョン。

聴いてくださったんですね。
いいでしょう?
ライブはもっといいのよ~♪
ギュッピの歌、変わったでしょう?
めっちゃうまいじゃん、って思いました。

リダのものまねも秀逸。
かなりポイント高いですよ~(笑)

トークや歌にたくさんリダが登場したから、
レポしながら画像はさいアリだなって、決めてました。

ギュッピ~大阪へも行ってね~←叫んでおきました。
2015-09-15 00:14 | knob | URL   [ 編集 ]

プロフィール

knob 노부

Author:knob 노부
FC2ブログへようこそ!


使用させていただいている画像等の著作権肖像権は全て出処元にあります。

レポート及び言葉綴りの一部もしくは全部の無断転載はご遠慮ください。

「おかえりなさい リダ」の日
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
検索フォーム
QRコード
QR